倉庫業界の洞察

null

変わりゆく倉庫業界

より多くのアイテムレベルの商品のピッキングと返品。目まぐるしく増え続ける複雑さ。納期短縮への要求。高い離職率。これらの要因は、長期勤務従業員が少ない中で増え続ける注文をさらに短納期で処理しなければならないという大きなプレッシャーを与えています。これが倉庫業界が面している新たな現実です。

これに加えて、2020年1月1日から Microsoft®はWindows® Embeddedおよびモバイルオペレーティングシステムの追加サポートを終了する予定です。これは、セキュリティリスクが増える上に、お使いのWindowsのレガシーデバイスの機能がなくなってしまうことを意味します。

こういった変化にどれだけ順応できるかは、モダンなモバイルデバイスにどれだけ早く移行できるかにかかってきます。Android™によるモダナイゼーションこそが、より迅速で効率的な運用を実現する道なのです。

倉庫業界が避けることができない4つの変化

モバイルコンピューティングデバイスのモダナイゼーションにより、重大な転換の時を乗り越えてください
Eコマースのアイコン

Eコマースのブーム

4.5兆ドル 2021年までに見込まれる世界のオンライン小売販売高1
時間の不足のアイコン

時間の不足

78%の物流プロバイダーが同日配送を提供すると見込んでいる2
人手不足のアイコン

人手不足

36% 労働者の離職率3
Microsoftのサポートのアイコン

Microsoftのサポートの終了

2020年までにWindows Embedded Handheld 6.5
2021年までにWindows Embedded Compact 7.0

出典:(1) 2020年度Zebra倉庫事業グローバル調査、Zebra(2016年)、(2) 未来のフルフィルメントの展望調査、Zebra(2018年)、(3) 労働統計局(2018年)

ZebraのAndroidテクノロジーが貴社の倉庫業務をどのように向上することができるかご紹介します。

Zebraが、Androidへの移行に必要な専門知識と技術をお届けします。

Zebraの倉庫業界向けAndroid製品ラインナップが生産性を変革します。

ビルトインインテリジェンスが倉庫デバイスに飛躍的な力を与えます。

null
現代の倉庫業界への洞察
箱を持ってヘッドセットに話しかける倉庫作業員
Androidによる倉庫のモダナイゼーションウェビナー

よくある質問

移行に関するさまざまなご質問に Zebraがお答えします。

+ 1. MicrosoftのWindowsのサポートが終わるのはいつですか?

Microsoftは追加サポートを次の期日で終了します。

  • 2020年1月1日:Windows Embeddedおよびモバイルオペレーティングシステム
  • 2021年1月1日:Windows Embedded Compact 7

+ 2. 「Microsoftのサポートの終了」とはどういう意味ですか?また、そのような影響がありますか?

Windows Embedded 6.5は、バグ修正、セキュリティ修正などの新機能をMicrosoftが提供するサポートライフサイクルの期間があります。このライフサイクルは製品リリースから通常10年間となっており、その終了は製品サポートの終了として知られています。Windows® Embedded 6.5のサポートの終了は2020年、Windows® Embedded Compact 7.0のサポートの終了は2021年となっており、Microsoftからは以下の提供が行われることはありません。

  • 問題が発生した際のテクニカルサポート
  • 発見された問題やサーバーの安定性と使用性に影響を与える可能性のある問題のバグ修正
  • 発見された脆弱性やセキュリティ違反の影響を受ける可能性のある脆弱性に対するセキュリティ修正
  • タイムゾーンの更新
  • 新機能のサービスパックの受信が停止されるほか、さらに重要なことにセキュリティアップデートを受信することがなくなり、セキュリティ違反や犯罪行為に対する脆弱性が生まれます。

+ 3. 今すぐアップグレードするべきでしょうか?

はい、オンライン注文は今後も増え続ける一方で、納期の短縮化と労働力の不安定さは依然として続いています。新しい需要に対応しつつデバイスの安全を守るためには、従業員が日々使用しているデバイスをアップグレードすることが必要です。

+ 4. 今使っているデバイスで問題ないのですが、移行する必要はありますか?

はい、チップなどのレガシーWindowsデバイス用の部品の製造は廃止されています。Zebraの在庫がなくなったら、デバイスを処分せざるを得なくなります。そうなるとお客様の日々の業務が中断されてしまいます。

+ 5. OSだけでなくデバイス全体をアップグレードする方がよいのはなぜですか?

新しいハードウェアは機能性の向上、部品の継続性(サプライ部品による問題の減少)、より優れたバッテリ性能、新しいフォームファクタの直感的なユーザーインターフェースによる生産性向上をもたらします。

+ 6. アプリをカスタマイズし直す必要を避けることはできますか?

はい、ただし、お使いのアプリケーションによります。Ivanti搭載のZebraのオールタッチ ターミナルエミュレーションは、設定不要ですぐに当社のデバイスでグリーンスクリーンモードで動作します。その他のアプリは、Microsoftのサポート終了を考えると、移行を避けることはできません。モダンテクノロジーの利点をお客様がいつ手に入れたいのかによります。今かそれとも後回しにするのか。

+ 7. Android™は安全ですか?

はい、AndroidはこれまでNSAのセキュリティ強化版「Security Enhanced」(SELinux)機能、ユーザー単位のVPN、ASLR(アドレス空間配置のランダム化)など、さまざまなキュリティ強化を行ってきました。Android OSは、PCI DSSを介して小売業、医療業界のHIPAA、政府機関のFIPS 140-2をはじめとする、複数の業界における規制上のセキュリティ認証に対応しています。

+ 8. 倉庫業界においてセキュリティ違反は脅威になりますか?

はい、どんなビジネスでもターゲットになり得ます。お使いの大半のデバイスは、20年前のオペレーティングシステムであるWindows® CEを使用しています。現代のセキュリティの脅威に立ち向かうアーキテクチャがありません。Spectreのことを思い出してください。Microsoftは、このような脆弱性に対してデバイスのパッチを提供しないことを宣言しており、業務が中断してしまう可能性があります。

+ 9. 標準のAndroid OSのサポートは3年間有効です。Zebraはデバイスを5年から10年間どのようにしてサポートするのですか?

消費者向けデバイスベンダーのセキュリティサポートは、実際の耐用年数よりも5年以上も短いわずか3年後に終了してしまいます。Zebra OneCareを購入すると、LifeGuard™ for Androidによって最長10年間ZebraのAndroidデバイスを保護することができます。LifeGuardなら、新しいOSに移行する際に、予測可能な定期的セキュリティアップデート、レガシーOS用セキュリティサポートを受けることができます。頻繁なアップデートはセキュリティを向上させ、LifeGuardはローカル、あるいはエンタープライズモビリティ管理(EMM)を介してローカルまたはリモートのいずれかの方法で、貴社の判断で簡単にアップデートをインストールできます。