インテリジェントエンタープライズ

イノベーションシンポジウムからの知見

IoT(モノのインターネット)、モビリティ、クラウドコンピューティングは、新しい事業モデルであるインテリジェントエンタープライズに集結するようになりました。

インテリジェントエンタープライズについて検討するため、ハーバード大学の新技術・起業家センター(TECH)は、Zebra Technologiesの支援のもと、イノベーションシンポジウム2016を開催しました。「インテリジェントエンタープライズ」を、ハーバード大学キャンパスにて開催しました。このシンポジウムには、さまざまな産業界、政界、学界の上級リーダーたちが一堂に会しました。


インテリジェントエンタープライズに必要なものとは

出席者とスピーカーには、GE、Target、Whirlpool、Zebra Technologies、Google、IBM、Accenture、NFL、ボストン市、マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学をはじめとする多数の大手企業の代表者が顔を連ねました。この2日間のシンポジウムでは、インテリジェントエンタープライズとは何か、そしてビジネスの成功と社会貢献のためにこれをいかに活用できるかについて理解することに焦点が当てられました。


オペレーションの可視化

実践可能な知見

リアルタイムの意思決定

貴社のビジネスのインテリジェント度は?


インテリジェントエンタープライズの詳細