医療用イメージャ



重要なタスクを自動化し、スタッフが患者ケアに集中できるようにする

医療現場では、ミスは許されません。バーコードイメージャは、医療スタッフの患者への対応を大幅に促進します。これらのアプリケーションは、医療スタッフにとっては日常業務ではありますが、医療ミスの防止、患者の安全性向上、医療従事者の生産性増大を支援します。したがって、イメージング技術が医療スタッフの管理要件の多くを自動化するため、患者のニーズに一層焦点を当てることができます。イメージャを使用することで、次の用途に役立ちます: 
 

患者識別

2Dバーコードは、患者のリストバンド上に印刷され、あらゆる臨床的やり取りを行う前にスキャンされます。

投薬管理

患者に投与する前に、臨床医がリストバンドのバーコードと薬をスキャンします。

検体収集

臨床医はリストバンドや試験管、または検体収集容器をスキャンします。 

食事内容の追跡

臨床医や病院職員がリストバンドとメニューの情報をスキャンします。

処方箋の画像

処方箋の画像をスキャンして、デジタル文書として保存できます。

年齢の確認

特定の薬を受け取る人物が18歳以上であることを確かめるために、運転免許証をスキャンします。 

お客様の施設では、これらのバーコードをお使いですか?

上から: Data MatrixとPDF417
注: サンプルバーコード(非スキャン用)
 

データマトリックス、PDF417、DPMコードは、医療業界でよく使われるコードです。1Dバーコードしか読み取ることができなければ、主要メリットと重要な情報を見逃すことになります。



医療用人気トップイメージャ


CS4070-HC

ポケットサイズの医療用コンパニオン・イメージャ


DS4308-HC

医療用コード付きイメージャ


DS6878-HC

医療用コードレスイメージャ



 医療業界のための完全ソリューション

Zebraのコンピュータ、プリンタ、ネットワーク、ソフトウェアの製品ラインナップを組み合わせることで、いかにお客様のニーズを満たすことができるかご覧ください。

医療ソリューション

完全なサービス、サポート体制による実績

弊社のプランニングサービスおよび保証サービスは、アップタイムを保証し、レジの稼働を維持します。

サービス



Zebraがお客様の業務にふさわしい
イメージングソリューションをデザインいたします