ZXPカードプリンタ用Zebra Card Java SDK

ZXPカードプリンタ用Link-OS™ Multiplatform SDK

 

これからは、Link-OS Java SDKを使ってJava環境でカスタムアプリを作成することによって、Zebra ZXP Cardプリンタでカード印刷とアプリケーションの発行が可能になりました。

堅牢なLink-OS™ Multiplatformソフトウェア開発キットは、アプリケーション開発者がPCベースのアプリケーションにカード印刷を統合することを可能にします。 Link-OS SDKは、カード印刷用の強力なLinuxベースのアプリケーションの作成をシンプルで単純なものにします。

このSDKは、自身のソリューションを開発できるため大幅な時間の節約になります。

  • カード印刷のための拡張デモと広範な文書
  • Windows®、Linux、MacOSを使用してPC用アプリを開発
  • Java、Objective C、C#、VBをサポート

 

詳細またはSDKに関するサポートは、card_sdk_questions@zebra.comまで電子メールでご連絡ください。

ZXP Seriesプリンタ用Java SDKファイル

ダウンロード

対応しているZXPカードプリンタ

•ZXP Series 1

•ZXP Series 3

•ZXP Series 3C

•ZXP Series 7

•ZXP Series 8

•ZXP Series 9

以下に、カード用Link-OS Java SDKがサポートしている基本的なプリンタ機能の例(プリンタ構成/オプションによる)を挙げます。

•カード印刷(カラー/モノクロ、片面、両面)

•カードの給紙、移動、取り出し

•カードのクリーニング

•磁気ストライプ エンコーディングカード

•バーコードのサポート

•エラーの処理

•ラミネート加工

•プリンタのステータス

•イーサネット上のエンコーディング