仮想テザー

仮想テザーのロゴ

コードレススキャナの可用性を最大化

コードレススキャナを追跡し、デバイスの置き忘れによるワークフローの中断を防止することが簡単にできます。スキャナがBluetoothの受信範囲外になったり、一定時間、充電器から外れていたりすると、仮想テザーにより、スキャナとクレードルの両方からユーザーに警告が送られます。その結果、コードレススキャナは、常にあるべき場所にフル充電した状態で存在し、次のタスクに備えて待機していることになります。この柔軟性の高いソリューションは、騒々しい倉庫の現場からICUの夜間シフトまで、ほぼあらゆる環境に合わせて容易に設定できます。

  • ワークフローの中断を防止

    アラートのコンビネーションを見逃すことはできないので、コードレススキャナを置き忘れそうになったり、ホストとのBluetooth接続が切れると、その事態がユーザーにただちにわかります。仮想テザーは、スキャナを充電器に戻すように、ユーザーに念押しすることもできます。デバイスがクレードルから外れていて、一定時間使用されないと、クレードルのLEDが点滅します。

  • 柔軟な構成

    スキャナのLED、スキャナの照明、スキャナの触覚機能、スキャナの可聴音、クレードルの可聴音、クレードルのLEDを含め、スキャナとクレードルの通知に関して、優先するコンビネーションを設定できます(利用可能な通知はスキャナのモデルによって異なります)。医療用スキャナをナイトモードにすると、オーディオアラートは自動的に無効になりますが、視覚と触覚によるアラートは有効なままです。

  • 統合が容易

    ZebraのスキャナSDKにより、仮想テザーの機能を拡張できます。たとえば、スキャナとホスト間の接続が切れた場合、看護師のデスク、POSシステム、またはIT部門に警告を送ることができます。また、仮想テザーは遠隔診断のログエージェント、スキャナ制御アプリ、Scan-to-Connectを含め、Zebraの他のソフトウェアツールと全面的に統合されます。

Zebraデバイス用の画期的なソフトウェア

  • Mobility DNA

    Mobility DNAは、Android™を変換して、Zebraのモバイルコンピュータに独自のエンタープライズ機能を与える、Zebra独自のソフトウェアエコシステムです。

    Mobility DNA

  • DataCapture DNA

    DataCapture DNAスキャンソフトウェアにより、Zebraのデータキャプチャデバイスを業界で最良かつ最も使いやすいデバイスにできます。

    DataCapture DNA

  • Print DNA

    Print DNAプリンタソフトウェアアプリケーションは、容易に統合できるリモート管理可能な高性能プリンタを実現します。

    Print DNA

企業に必要なエンタープライズ向け機能