医療技術ソリューション

ワークステーションカウンターで使用されている医療用スキャナとデスクトップリストバンドプリンタ

データの接続性と通信が重要

専用の医療技術で、患者中心のケアを実現 正しい患者に正しいケアを正しい時間に提供することは非常に重要です。Zebraの医療技術ソリューションは、ケアチームが必要とする患者のデータ、臨床医、医療提供者をリアルタイムで接続することで、よりレベルの高い患者ケアを提供できるようサポートします。

患者識別からモバイル医療やリアルタイムインテリジェンスにいたるまで、Zebraは医療業界における最新技術ソリューションを革新する最前線に立ち、現場のスタッフのパフォーマンスを高め、最高の患者ケアを提供できるよう専心しています。

患者のID管理のために医療リストバンドのスキャンを受ける新生児

患者のID管理

患者の安全をあらゆる段階で確実にサポート

質の高い患者ケアは入院から退院まですべてのステップにおいてデータをシームレスにつなげることから始まります。Zebraの患者のID管理ソリューションなら、患者のカルテ、薬剤、検体などを正確に照合できるため、毎回確実に正しい患者に正しいケアを提供できます。

医療向けモビリティのモバイルデバイスを使って患者をスキャンする医療提供者

協働ケアのためのモバイルヘルス

シームレスな患者ケアの協働

臨床医が同僚と瞬時につながり、協力し、コミュニケーションを取ることができる医療技術ソリューションが最適なケアを実現します。Zebraの医療技術デバイスは医療提供者の協働を可能にし、ワークフローを簡素化し、どこからでも患者の情報をキャプチャしてアクセスできるよう設計されています。このデバイスがあれば、患者のすぐそばにいながら必要なすべてが入手できます。

医療用モバイルデバイスを使ってビジネスインテリジェンス・分析通信を行う病院のスタッフ

医療業界向けRTLS(リアルタイム位置情報システム)/ビジネスインテリジェンス

リアルタイムデータで確信のある意思決定を実現

Zebraの医療業界向けRTLS技術は、施設全体のデータをリアルタイムでキャプチャして、医療機関の状況を効果的に監視します。これにより、患者、資産、スタッフの識別、位置確認、追跡と状況の監視ができ、多様なデータをつなげて最適な患者のケアと安全を確保するための最善の行動へと導く決定ができます。

医療業界の最新状況

検体のラベリングを行うために患者の検体容器をスキャンする医療提供者

ベッドサイドでの検体のラベリングによるメリット

血液やその他の試料の採取時にラベリングを行うことで、患者の安全を向上し、誤認関連の数多くの問題を防止することができます。

5つのステップの医療向け戦略ロードマップの解説画像

5つのステップの戦略ロードマップ

医療組織は、モバイルテクノロジーを導入する際に大変な一連の課題に取り組まなければなりません。医療施設のためのモビリティ戦略構築への道は、本レポートで述べる5つの重要なステップを踏むことで始まります。

貴院のニーズに適した医療技術ソリューションの設計はZebraにお任せください