出荷

スキャン。確認。積み込み。

トラックドックは、商品がお客様に配送される前の最後のタッチポイントです。多くの手作業のプロセスを排除し、トレーラーのスペースを最適化しながら商品が時間通りに正しい順番で出荷します。分析ソフトウェアを備えたZebraのモバイルスキャナ、RFIDタグとリーダー、3D検出カメラ技術は、出荷内容、トレーラーの割り当て、スペースの使用状況を効果的に確認するのに必要な自動化を提供し、完璧なフルフィルメントを確実に実現します。

プロセスの合理化

小包とパレットが正しいトレーラーに積み込まれていることを即時に確認できます。貨物を積み下ろして別のトレーラーに積み替えるような時間の無駄をなくします。

収益性の向上

トレーラーのスペースを最適化することで貴社の積み込み作業を改善し、必要なトレーラーの数を減らして効率を最大化させます。

トレーサビリティの確保

パレットと積荷がトレーラーに積み込まれる際にスキャンすることで、各資産の位置を正確に把握し、受け渡し管理の文書化を行います。商品を追跡するための可視性をお客様に提供します。

これらのコンポーネントで貴社のソリューションを構築

ハードウェア

当社の検出技術、タブレット、超高耐久性スキャナ、RFID製品、プリンタは、Zebraとパートナーのソフトウェアと組み合わせることで、貴社の出荷ニーズにお応えするエンタープライズレベルのサポートを提供します。

ソフトウェア

これらのソフトウェア製品やサービスが、出荷ソリューションにどのように加えられるかをご覧ください。

サービス

Zebraのサービスは貴社テクノロジーのライフサイクルの各段階で支援を提供し、組織の現在と将来のニーズに適合する出荷ソリューションのプランニングをサポートします。

貴社の現在および将来のニーズに適した出荷ソリューションの設計はZebraにお任せください