EULA参考資料(制限なし)

エンドユーザーライセンス契約書

(制限なしソフトウェア)

重要ですのでよくお読みください:本エンドユーザーライセンス契約(以下、「EULA」とする)は、お客様(個人または単一組織のいずれか)およびZebra Technologies Corporation(以下、「Zebra」とする)との間での、Zebraおよびその関連会社、ならびにその第三者サプライヤおよびライセンサーによって所有される本EULAに伴うソフトウェア(以下、「ソフトウェア」とする)に関する法的取り決めです 。お客様は、本ソフトウェアを使用することにより、本EULAの契約条項に従うことに同意します。本EULAの契約条項に同意しない場合には本ソフトウェアを使用しないでください。

1. ライセンスの許諾:Zebraはエンドユーザー顧客であるお客様に、お客様が本EULAのすべての条件に従うことを条件に、以下の権利を付与します。Zebraのハードウェアに関連するソフトウェアについて、Zebraは、お客様(「ライセンシー」または「お客様」)に対し、本契約書の規定に従って本ソフトウェアを使用するための制限付き、個人的、非独占的ライセンスを付与するものとします。本ソフトウェアを使用できるのはお客様の従業員または下請け業者のみとします。お客様は、従業員および下請け業者が本契約書の条項に従うために、あらゆる必要な措置を講じるものとします。お客様は、本ソフトウェアを専らZebraハードウェアのサポートを目的とするご自身の内部事業に限って使用するものとします。これには、(i)サンプルソースコード(「サンプルコード」のすべてまたは一部の使用、変更、および取り入れ、ラインタイムライブラリファイル、および/または専らZebraハードウェアのサポートを目的にライセンシー自身のプログラム(「ユーザープログラム」)の修正されていない本ソフトウェアに取り入れられている文書ファイル、ただし、ライセンシーの変更、二次的派生物、または本ソフトウェアのあらゆる部分も組み込まれていないその他の創作物によって侵害されるあらゆる特許に対してライセンスは付与しないことを条件にする、(ii)専らZebraハードウェアのサポートを目的として本ユーザープログラムを実質的に修正、または一部のみを修正した場合のオブジェクトコードのフォーマットで配信のサンプルコード、および(iii)専らZebraハードウェアのサポートを目的として、ランタイムライブラリファイルを本来のフォーマットで配信することを含むものとします。スタンドアロンのソフトウェアアプリケーションでは、お客様は、あらゆるオブジェクトコード、利用可能なソースコード(以下、「ソースコード」とする)、ランタイムライブラリファイル、および/またはお客様自身のプログラム(以下、「ユーザープログラム」とする)に修正されていないソフトウェアとともに取り入れられている文書ファイルのすべてまたは一部の使用、変更、および取り入れを行うことができ、さらに、ユーザープログラムを第三者に配信することができます。本書に規定の条件以外で本ソフトウェアを使用することは厳しく禁じられており、本契約の違反と見なされ、直ちにお客様のライセンスの終了になります。Zebraは法律上またはエクイティ上で付与されるあらゆる救済手段(ライセンシーが米国政府の連邦行政機関である場合を除き、即時の差止めによる救済およびすべての本ソフトウェアの占有回復を含みます)を行使する権利を有するものとします。

本ソフトウェアの特定のアイテムは、オープンソース ライセンスの対象である場合があります。オープンソース ライセンス条件は、本EULAの条件の一部に優先する場合があります。Zebraは、お客様のデバイス上および/またはシステムリファレンスガイド内、もしくは特定のZebra製品に関連したコマンドライン インターフェース(CLI)内のリファレンスガイドで利用可能な法律上表示readmeファイルに、お客様が該当するオープンソース ライセンスを利用できるようにします。

2. 権利および所有権の留保:Zebraは、本EULAに明示的に供与されていないすべての権利を保有します。本ソフトウェアは著作権およびその他の知的財産権に関する法律および条約によって保護されています。Zebraまたはそのサプライヤは、本ソフトウェアの所有権、著作権、ならびにその他の知的財産権を所有します。本ソフトウェアは、使用許諾されるものであり、販売されるものではありません。

3. エンドユーザーの権限の制限:お客様は、本契約に基づく本ソフトウェアについて、直接または間接を問わず、配布、サブライセンス、貸与、使用貸借、賃貸借、輸出、再輸出、転売または転用を行ってはならず、また輸出、再輸出、転売、出荷または転用を生じさせてはなりません。お客様は次の行為を行ってはならず、また他者におる次の行為を許容してはなりません。(i)コピーレフト義務および/または知的財産権の負担を含む使用許諾条件と義務を有するオープンソースソフトウェアと、あらゆるサンプルコードまたはソースコードを含む、本ソフトウェアの全部または一部を組み合わせること、(ii)本ソフトウェアから所有権通知、マーク、ラベル、またはロゴを取り除くこと、(iii)Zebraからの書面による事前同意を得ることなく本ソフトウェアの全部または一部を他者に貸与または譲渡すること、または(iv)コピー防止機構が備わっている本ソフトウェアについて、当該防止機能の無効化のためのコンピュータソフトウェアまたはハードウェアを利用すること。 

4. マシンデータ:「マシンデータ」とは、バッテリ管理(稼働時間、スタンバイ電流、平均電流)、デバイスのシステム時間、CPU処理負荷、空きメモリ、実行中の処理数、ネットワーク情報(名前、識別子)、デバイス識別子、ファームウェアバージョン、ハードウェアバージョン、デバイスタイプ、音量、LED、ビープ音量、バックライトレベル、キーライト、オドメーター数、再起動の原因、ストレージ合計容量、物理メモリ容量、電源サイクルカウント、デバイス稼働時間など、本契約書の下で販売(またはライセンス付与)されたデバイスによって収集された匿名使用データのことを指します。Zebraは、本契約書の他の規定に関わらず、マシンデータに付帯するあらゆる権原および所有権を留保します。 マシンデータに対する所有権があると見なされる場合およびその範囲において、お客様はZebraがマシンデータを使用する制限付き、取消不能、非独占な権利およびライセンスを付与するものとします。本項に規定の権利に加えて、適用法または規制において特に認められている場合を除き、および契約に基づきまたはZebraのハードウェアまたはソフトウェアの文書に記載の機能を達成するために合理的に必要とされる場合、ZebraはZebraのハードウェアまたはソフトウェアを通じてライセンシーおよびエンドユーザーによって提供される、またはZebraのハードウェアまたはソフトウェアの分析目的での使用中にその他の手段でZebraに提供されるデータを使用できるものとします。

5. 位置情報:本ソフトウェアを使用して、お客様は1台以上のクライアントデバイスから位置情報データを収集することができ、これより、これらのクライアントデバイスの正確な位置を追跡することができます。Zebraは、お客様による位置情報データの使用または誤用に対していかなる責任をも明確に拒否します。お客様の位置情報データの使用または誤用から生じた第三者の申し立てから生じる、または関連するZebraの合理的な経費および費用のすべてを支払うことに同意します。

6. プライバシー:随時改正されるZebraのプライバシーポリシー(https://www.zebra.com/us/en/about-zebra/company-information/legal/privacy-statement.html)は、参照により本同意書に組み込まれるものとします。 お客様がZebraのハードウェアまたはソフトウェアの使用に関連して個人データをZebraに提供された場合、Zebraがかかるデータを収集および使用する方法、およびお客様が個人データへのアクセスおよび修正または消去を求める権利は、適用法令に基づきZebraのプライバシーポリシーによって規制されています。適用法令または規制によって許可される法的根拠がある限り、Zebraはかかる個人データを処理できるものとします。法的根拠は、Zebraがかかる個人データを収集および使用する理由によって異なります。さらに、ZebraはGDPR(一般データ保護規則)への準拠に取り組んでおり、ZebraのGDPR補遺(https://www.zebra.com/us/en/about-zebra/company-information/legal/gdpr.html)は、お客様がZebraへ提供する個人データおよびGDPRが適用される範囲においてZebraのプライバシーポリシーを補足します。

7. ソフトウェアリリース:Zebraは、お客様にご利用いただけるようになる本ソフトウェアの最新版を定期的にリリースします。

8. 輸出制限:お客様は、本ソフトウェアは諸国の輸出制限の対象となることを認めます。お客様は、適用されるすべての輸出制限法および規則を含む、本ソフトウェアに適用されるすべての適用される国際法および国内法に準拠することに同意します。

9. 譲渡: お客様は本契約または本書に記載のお客様の権利または責務(法律の失効によるものであるかないかに関わらず)をZebraの書面による事前の同意なしに譲渡できません。Zebraはお客様の同意なしに、本契約ならびにZebraの権利および責務を譲渡できます。前述の内容に関し、本契約は拘束力を持つものであり、本契約の当事者および当事者の法的代表者、後継者、および許可を受けている被譲渡人に対して効力があります。

10. 解除:本EULAは、解除されるまで有効です。お客様が本ELUAの条項および条件に従わなかった場合、本使用許諾下におけるお客様の権利は、Zebraからの通知なしに自動的に解除されます。Zebraは、本ソフトウェアの代替契約書あるいは本ソフトウェアの新リリースをお客様に提供し、お客様がそのような代替契約書を承認された上で、本ソフトウェアあるいは新リリースを継続して使用できるようにすることにより、本契約を解除することができます。本EULAの解除時には、お客様は本ソフトウェアのすべての使用を中止し、全部であれ一部であれ本ソフトウェアのすべてのコピーを破壊しなければなりません。

11. 保証の免責:書面による限定的保証に別記のない限り、Zebraによって提供されるすべてのソフトウェアは、「現状通り」で、「利用可能」ベースで、明示的であれ黙示的であれ、Zebraからいかなる形の保証なく提供されます。適用法令に定められた最大限の範囲で、Zebraは明示、黙示、または法定に関わらず、市場性、満足のゆく品質または職人的技能、特定の目的、信頼性、利用可能性、精度、ウイルスの不在、第三者の権利の非侵害性、またはその他の権利の非侵害性に対する適正の保証の明示を含むがこれらに限られないものを含む一切の保証を放棄します。ZEBRAは、本ソフトウェアの動作が中断しないことやエラーがないことを保証しません。本EULAが適用されるソフトウェアはエミュレーションライブラリを含み、当該エミュレーションライブラリは100%正しく動作するものではなく、エミュレートされる機能に100%対応するものでもないため、本ソフトウェアはすべての瑕疵を含む「現状のまま」提供されており、本節および本契約に含まれるすべての免責事項および制限は当該エミュレーションライブラリにも適用されます。管轄区域によっては、黙示の保証の除外または制限を認めていない場合があり、上記の除外または制限はお客様に適用されないことがあります。口頭または書面に関わらず、お客様がZebraまたはその関連会社から得たいかなるアドバイスまたは情報も、本ソフトウェアに関する補償のZebraによるこの免責条項を修正すると見なされず、あるいはZebraからいかなる種類の保証を作成するものでもありません。

12. 第三者のアプリケーション:特定のサードパーティアプリケーションは、本ソフトウェアに含まれる、または本ソフトウェアのダウンロードに含まれる場合があります。Zebraは、これらのアプリケーションについていかなる説明も行いません。Zebraはかかるアプリケーションに何ら統制力をもたないことから、お客様は、Zebraはかかるアプリケーションに対して責任を負わないことを認め、これに同意します。お客様は、第三者アプリケーションはお客様単独のリスクによって使用すること、および不満足な品質、性能、精度、および労力の全体のリスクはお客様にあることを明示的に認め、同意します。お客様は、Zebraは直接的であれ間接的であれ、かかるサードパーティコンテンツ、製品、またはかかるアプリケーションを通して利用可能なサービスによって引き起こされた、またはそれが原因と疑われる、またはそれに関連したいかなるデータの損害または損失を含むがこれらに限られないいかなる損害や損失についても責任を負わないことに同意します。お客様は、あらゆるサードパーティアプリケーションの使用はかかるサードパーティアプリケーションプロバイダの利用規約、ライセンス契約、プライバシーポリシー、またはその他の契約に支配されており、故意であるかないかに関わらずお客様がかかるサードパーティアプリケーションプロバイダへ提供するあらゆる情報または個人データは、かかるサードパーティアプリケーションプロバイダのプライバシーポリシー(ポリシーが存在する場合は)の対象となることを認め、これに同意します。Zebraは、サードパーティアプリケーションプロバイダの情報またはその他の慣行のいかなる開示にも責任を負いません。Zebraは、いかなるサードパーティアプリケーションプロバイダによってお客様の個人情報が取得されたか、またはかかる個人情報の使用がサードパーティアプリケーションプロバイダによって行われたか否かに関して、いかなる保証も明示的に否認します。

13. 責任の制限:Zebraは、エラー、欠落、中断、欠陥、操作または送信における遅延、コンピュータウイルス、接続の失敗、ネットワーク料、アプリ内購入、ならびに、Zebraが損害の可能性を通告されていた場合でも、直接的、間接的、特別、偶発的、懲罰的、派生的損害によって起こった、またはそれらに関連した損害を含むがこれらに限られない、本ソフトウェア、またはそのコンテンツまたは機能から生じる損害、またはそれらの使用に関連した損害、またはそれらを使用できないことから生じる損害に対して責任を負いません。管轄区域によっては、偶発的または付随的な損害の除外または制限を認めていない場合があり、上記の除外または制限はお客様に適用されないことがあります。上記に関わらず、契約、不法行為に基づくもの、もしくはお客様による本ソフトウェアまたはサードパーティアプリケーションの使用もしくは本EULAの他の規定から生じるものを含むがこれらに限られないすべての損失、損害、訴因に関するお客様に対するZebraの責任限度額は、本ソフトウェアの適正市場価格もしくは本ソフトウェアに対して買い手が具体的に支払った金額を超過しないものとします。上記の制限、除外、および免責(第11、12および13項を含む)は、あらゆる救済措置がその本質的目的を達成できなかった場合でも、法律で認められる最大範囲内において適用されるものとします。

14. 差し止め救済措置:お客様は本契約の条項に違反した場合でも、Zebraは金銭または損害賠償による十分な救済を得ることができないことを認識するものとします。このためZebraは、保証金を支払うことなく、適格な管轄の裁判所から当該不履行に対する差し止めを要求次第、直ちに入手する権利があります。差し止め救済措置に関するZebraの権利はその他の救済措置を追及する権利を制限するものではありません。

15. 変更:本契約の変更は、それが書面に記載され、変更を求めている当事者の相手側から承認されている代表者の署名を得たものでない限り、拘束力はありません。

16. 米国政府の制限付き権利:本規定は米国政府エンドユーザーに対してのみ適用されます。本ソフトウェアは48 C.F.R. Part 2.101で定義される「市販品」であり、48 C.F.R. Part 252.227-7014(a)(1)および48 C.F.R. Part 252.227-7014(a)(5)に定義される「市販用コンピュータソフトウェア」および「コンピュータソフトウェア資料」から成り、規定通りに48 C.F.R. Part 12.212および48 C.F.R. Part 227.7202で使用されます。規定通りに、48 C.F.R. Part 12.212、48 C.F.R. Part 252.227-7015、48 C.F.R. Part 227.7202-1~227.7202-4、48 C.F.R. Part 52.227-19、および連邦規制基準のその他の該当項と整合性が取れている本ソフトウェアは、米国政府エンドユーザーに対して(a)市販品としてのみ、および(b)本契約に含まれる諸条件に従ってあらゆる他のエンドユーザーに供与されるものとしての権利のみ配布および許可されています。             

17. 適用法令:本EULAは、抵触法条項にかかわらず、イリノイ州法に準拠するものとします。本EULAは、国際物品売買契約に関する国連条約に準拠するものではなく、その適用は明示的に排除します。