データシート
RFS6000

RFS6000

無線LANスイッチ

中規模から大規模企業向け無線LANスイッチ/ 音声通信プラットフォーム

RFS6000は強固なセキュリティと堅牢なデータ/ 音声サー ビスを提供する無線 LAN 通信プラットフォームです。この 製品で、Motorola は無線サービス業界での自社の地位を 確かなものとしていきます。RFS6000の機能は多岐にわた り、Wi-Fi、RFID/UWBなどの複数のロケーションサービ スや、3G/4G無線ブロードバンド経由サービス、802.11n による高速データ接続がサポートされていきます。企業向け 製品のRFS6000 は、最高クラスの性能、セキュリティ、拡 張性、管理の容易さで、ミッション クリティカルな用途で のさまざまなニーズにお応えします。

社内でも社外でも最大限のメリットを 最小限のコストで

モトローラのWi-NGアーキテクチャは社内および社外で のモバイル音声/ データの単一インフラストラクチャを提供 するため、インストールおよびメンテナンス コストを低く 抑えることができます。このソリューションは統合IPSEC VPN、AAA Radiusサーバー、ステートフル パケット インスペクション機能を備えたファイアウォールという包括 的な機能を提供するため、さらなるインフラ購入や、管理 負担を軽減します。クオリティ・オブ・サービス(QoS 機能) により、高品質な音声や動画を確実に配信します。RFS6000 は、PCI、SOX法、HIPAA などの業界標準への準拠を簡単 かつ高効率に行うためのセキュリティ機能を備えています。

ネットワークの柔軟性とサイト 存続性を 向上させるアダプティブAP

RFS6000の機能により、遠隔地にある支店、小規模なオ フィスおよび小売店へのモバイル展開を簡略化し、必要な投 資コストを削減できます。遠隔地で導入されるMotorola の AP-51X1 アクセス ポイントは、ネットワーク オペレーショ ン センター(NOC) からRFS6000 経由で集中管理するこ とができます。アクセス ポイントと無線スイッチ間のすべて のトラフィックはIPSec VPNトンネルで保護することもで きます。リモート サイト サバイバビリティ(RSS) によって、 たとえRFS6000との接続が切断されても、ローカルのア クセスポイント通信とメッシュ アクセス ポイント用の無線 サービスは継続されます。

コスト効率の高い、包括的な高品質音声サービス

VoWLANがサポートされているため、敷地全体にわたっ てコスト効率の高い音声サービスを提供できます。オフィス 勤務の従業員に加えて、工場のような屋外での PTT(プッ シュ ツー トーク)のインフラ提供も可能です。オフィス電 話のようなクリアな音質を常に提供するためには一貫した 高いパフォーマンスが要求されますが、RFS6000は豊富な 機能により粒度の細かい制御が可能です。またRFS6000 ではFMCにも対応可能な設計となっており、WLANや WWANを使用して既存の電話機器をモバイル デバイスに 拡張するような将来の拡張にも対応していきます。

エンタープライズクラスのセキュリティ — 音声とデータ

無線によるデータ送受信が包括的なネットワーク セキュリ ティ機能によって保護されるため、HIPAA やPCI などの 政府の規制に対する準拠を心配する必要はありません。多 岐にわたる業界標準のセキュリティ機能を実装しているた め、MAC ベースの認証、AAA/Radius サーバー(WPA/ WPA2用)、安全なゲスト アクセスのためのホットスポッ ト プロビジョニング、ステートフル パケット インスペクショ ンのファイアウォール、IPSec VPN などのあらゆる用途に おいて複数階層によるセキュリティ戦略を構築できます。

拡張性 — 現在および将来に対応した、 時と場所を選ばないプラットフォーム

ユーザーが使用可能なExpressCard™スロットにより、 ブロードバンド カード(3G/4G)を使用して冗長性のある無線 WAN 経由接続が可能になるため、遠隔地の支社のネット ワークを強化できます。RFS6000は最大12台までクラス タとして使用することが可能で、大規模エンタープライズの 環境に必要な高レベルの拡張性が実現されます。

新たなエンタープライズクラスのパフォーマンス

高帯域幅のネットワークを使用する大規模エンタープライズ 環境をサポートするために設計されたRFS6000は、マル チコア/ マルチスレッドCPUベース アーキテクチャにより、 48のデュアル無線802.11a/b/g アクセス ポートのサポー トを高いパフォーマンスで実現します。さらにRFS6000 は802.11nをサポートする設計になっており、フェイルオー バー機能とクラスタリング機能により常に安定した可用性を 保ちます。

集中管理によるコスト効率の向上

Motorolaはモビリティ ソリューション導入に際する日 常管理に必要なコストを軽減、最小化するために必要な ツールを提供します。RFS6000は、ネットワーク関連 のハードウェア、ソフトウェアの設定、ネットワーク ポリ シーを一括して管理する機能を備え、プロセス監視機能 やトラブルシューティング ツールも内蔵しています。また、 RF Management Suite はMotorola のモビリティ ソリューションの全ライフサイクルにわたって集中管理が可 能なソフトウェア モジュールで、無線ネットワーク運用に必 要となる、計画の簡略化、導入、監視、安定化が可能にな ります。

エンドツーエンドのサポート

モビリティ業界の先駆者であるMotorolaは、各国の世界的 企業へのモビリティ ソリューション導入において、豊かな 経験を有しています。Motorola エンタープライズモビリ ティサービスをお使いになれば、この経験を最大限にご利 用いただけます。このサービスでは、RFS6000を常に最 適な性能で使用し続けるために必要なサポートを包括的に ご提供いたします。RFS6000への投資を十分に活かすた め、サービスフロムスタート アドバンスドエクスチェンジの ご利用をお勧めします。複数年にわたってサポートをご提供 するこのサービスでは代替品の翌営業日配送を行っており、 業務を常にスムーズに進めるための、高い生産性を保って いただけます。このサービスは、通常の消耗に加えて内部 および外部コンポーネントの偶発的損傷もカバーする包括 保証ですので、不測の修理コストを大幅に削減していただ けます。

RFS6000 ネットワーク アーキテクチャ


RFS6000は、大規模エンタープライズの社内およびリモートサイトにある支社内の無線音声/ データ通信サービスを 拡大する基盤として稼動するために必要な包括的な機能を提供します。

RFS6000の仕様

パケット転送
802.1D-1999 Ethernet ブリッジング、802.11-.802.3 ブリッジング、
802.1QVLAN タギングおよびトランキング、プロキシ ARP、IP パケット
ステアリング リダイレクト
ネットワーク セキュリティ
ステートフルインスペクションファイアウォール
アクセス制御
リスト (ACL):
L2 / 3/4 ACL
無線 IDS: マルチモード Rogue AP 検出、クライアント
ブラックリスト作成、認証/アソシエーション
超過、プローブ超過、超過Disassociation/
DeAUthentication 超過、復号化エラー超過、
認証失敗超過、802.11 リプレイ超過、crypto
IV 障害超過 (TKIP/CCMP リプレイ)
異常解析: Source MAC = Dest MAC、不正フレームサイ
ズ、マルチキャストのソース MAC、TKIP カウ
ンタメジャー、すべてゼロのアドレス
RF Management Suite(RFMS) 経由の無線IPS
外観・機能など
フォーム ファクタ: 1U ラックマウント
寸法: 1.75 インチ (H) x 17.5 インチ (W) × 15.39 インチ (D)
高さ 44.45mmx 幅 440mm x 奥行き 390.8mm
重量: 14lbs/ 6.35kg
物理インタフェース:

  • 1x アップリンク -10/100/1000 Cu/ Gigabit SFP インターフェイス

  • 8x 10/100/1000 Cu Ethernet ポート (29.7 W PoE)、802.3af、802.3at ドラフト

  • 1x 10/100 管理インターフェース (OOB ポート) 1x USB 2.0 ホスト

  • 1x ExpressCard™ スロット (USB モード)

  • 1x PCI-X インタフェース

  • 1x シリアル ポート (RJ45)

MTBF: 65,000 時間超
電源の要件
AC 入力電圧: AC 90 ~ 264 V、50/60Hz
最大AC 入力
電流:
AC 115 V の場合 - 6A、AC 230 V の場合-3A
環境規格: 47Hz ~ 63Hz
動作環境
動作温度: 0°C ~ 40°C
保存温度: -40°C ~ 70°C
動作湿度: 5% ~ 85% (結露なし)
保存湿度: 5% ~ 85% (結露なし)
排出熱量: 665 BTU/ 時
準拠
安全規格: UL/cUL 60950-1、IEC/EN60950-1
EMC 準拠: FCC ( 米国)、Industry Canada、CE ( 欧州)、
VCCI( 日本)、C-Tick ( オーストラリア/ ニュー
ジーランド)
推奨エンタープライズモビリティサービス
カスタマ サービス : Service from the Start Advance Exchange
Support
品番
RFS-6010-100R0-WR: 0 ポート無線スイッチ
RFS-6010-10010-WR: 8 ポート無線スイッチ
RFS-6010-10030-WR: 24 ポート無線スイッチ
RFS-6010-10060-WR: 48 ポート無線スイッチ
RFS-6010-UC-08-WR: 8 ポート RFS6000 シリーズ アップグレード
ライセンス
無線ネットワーク
無線 LAN: 32 のWLAN サポート、マルチESS/BSSID に
よるトラフィック セグメンテーション、VLAN
からESSID へのマッピング、VLAN の自動割り
当て(RADIUS認証)、パワーセーブプロトコル
ポーリング、プリエンプティブ ローミング、帯
域管理による輻輳制御、VLAN プーリング
アクセス ポート: 1 ~ 48 個の「シン」アクセス ポートのサポート、
ACL によるアクセス ポートの自動アダプション、
アクセス ポートの負荷分散
アダプティブ AP: リモート サイトおよび支社ソリューション用のアダ
プティブモードでの独立型 Motorola AP51X1、
802.11a/b/g、AP7131 802.11a/b/g/n( 予定)
アクセス ポイントで1 ~ 48の接続をサポート
Power-over-Ethernet 統合型、29.7 ワット/ ポート、最大180 ワット
( 同時処理時)
アクセス ポートおよびアダプティブAP AP51X1 802.11a/b/g、AP7131
a/b/g/n( 予定)アクセスポイントのレイヤ2 またはレイヤ3 導入
レイヤ3 モビリティ ( サブネット間のローミング)
認証: アクセス制御リスト(ACL)、事前共有キー
(PSK)、802.1x/EAP-トランスポート層セキュ
リティ (TLS)、トンネル トランスポート層セ
キュリティ (TTLS)、保護された EAP (PEAP)、
統合型 AAA/RADIUS サーバー (EAP-TTLS
およびEAP-PEAP ネイティブ サポート、組み
込みのユーザー名/ パスワードのローカルデータ
ベース、LDAP をサポート)、EAP-SIM
暗号化: WEP 40/128(RC4)、KeyGuard、WPA-TKIP、
WPA2CCMP (AES)、WPA2-TKIP
IPSec VPN ゲートウェイ: DES、3DES、AES-128、AES-256 をサポー
ト、暗号、サイト- サイトおよびクライアント-
サイト VPN をサポート
安全なゲストアクセス
( ホットスポットのプロビ
ジョニング):
ローカルでのWeb ベースの認証、ユーザーロ
グイン用URL リダイレクション、カスタマイズ
可能なログイン / ウェルカムページ、外部認証/
ビリングシステムのサポート
無線 RADIUS サポート
( 標準および Motorola
VSA):
ユーザー ベースの VLAN ( 標準)
MAC ベースの認証 ( 標準)
ユーザー ベースのQoS (Motorola VSA)
ロケーションベースの認証 (Motorola VSA)
許可された ESSID (Motorola VSA)
NACはMicrosoft およびSymantec によるサードパーティから提供され
たシステムによりサポートされています
最適化された無線LAN QoS
RFプライオリティ 802.11トラフィック優先および順位決定
WMM
(Wi-Fi マルチメディア拡張)
アドミッションコントロールによる
WMM-パワーセーブWMM U-APSD
クラス分類とマーキング レイヤ1 ~ 4 のパケット分類、
802.1p VLAN優先、DiffServ/TOS
システムの弾力性および冗長性
アクティブ: スタンバイ、アクティブ: アクティブ、およびアクセスポート
およびモバイルユニットの負荷分散によるN+1 の冗長構成、セルフヒー
リング (RF 干渉または消失の検出時)
デュアル ファームウェア バンクによるイメージフェイルオーバー機能
システムの拡張性
ExpressCard™ スロット オプションの EVDO/HSPDA カードにより将来
のブロードバンド経由サービスをサポート(予定)
PCI-X インタフェース
管理機能
コマンド ライン インタフェース (シリアル、telnet、SSH)、Web ベースの
GUI(SSL)、SNMP v1/v2/v3、SNMP トラップ - ユーザーが設定可能
な40以上のオプション、Syslog、TFTP クライアント、セキュア ネット
ワーク タイム プロトコル(SNTP)、テキスト ベースのスイッチ設定ファ
イル、DHCP ( クライアント/ サーバー/ リレー)、DHCPオプションによる
スイッチ自動設定およびファームウェア アップデート、複数のユーザー役割
( スイッチへのアクセス時)、Syslog、MIB(MIB-II、Etherstats、無線LAN
スイッチ固有のモニタリングおよび設定)