XML対応Zebra/SAP接続性

RFID印刷

Zebraは、SAP AGの自動IDインフラストラクチャとの相互運用のために、世界初のXML対応RFIDスマート ラベルプリンタ/エンコーダを開発しました。Zebra XML Schema Version 1.2は、RFIDデータ用に多くのSAPソリューションに能力を与えているSAP NetWeaverプラットフォームのコンポーネントであるSAP自動IDインフラストラクチャとの統合に関してSAPによる認定を受けています。XML接続性は、ミドルウェアを必要とせず、SAPソリューションから直接さまざまなZebraプリンタモデル上でラベルを作成するための認定インターフェースを使用できるので、顧客のためにRFIDスマート ラベル印刷/エンコードを簡素化できます。

同ソリューションについての詳細は、SAP NetWeaverセクションの自動IDインフラストラクチャを参照してください。

次のようなメリットがあります。

  • システム管理やカスタムプログラミング費用の削減
  • ライセンス料やハードウェア要件の削減
  • 完全な格納フォーマットソリューション
  • XML変数データのみプリンタへ送信
  • フォーマット変更を分散された環境で管理