検体収集

モバイルコンピュータとデバイスを使った検体収集と管理

スムーズな検体収集および管理を実現

検体試料の識別ミスは、患者の安全に深刻なリスクを生じ、誤診や不適切な治療につながりかねません。Zebraのモバイルデバイスとプリンタは、医療従事者が現場においてラベルを印刷して、検体収集指示、患者のリストバンド、ラベル付けされた容器の関連性を確認する3点チェックを可能にします。

患者の安全の向上

Zebraの検体収集ソリューションは、スタッフが患者を正確に識別し、検体と結果をカルテに正確に確実に記録することを可能にします。

 

特定、追跡、管理

ハンドヘルドコンピュータで看護師から検査技師まですべてのスタッフがバーコードをスキャンおよび印刷することによって、正確な検体収集および分析が可能。

情報への迅速なアクセス

検査結果がすぐに記録されるので、医師は正確なデータを入手して情報に基づいた意思決定を行ってタイムリーな治療が可能です。

効率を向上して、試料の識別ミスを低減

Zebraのモバイルデバイスとプリンタは、医療従事者が現場においてラベルを印刷して、検体指示、患者のリストバンド、ラベリングされた容器の3点チェックを行うことを可能にします。

検体のラベリングを行うために患者の検体容器をスキャンする医療提供者

ベッドサイドでの検体のラベリング

血液やその他の試料の採取時にラベリングを行うことで、患者の安全を向上し、誤認関連の数多くの問題を防止することができます。

検体収集ソリューションを構築します

ハードウェア

医療業界の需要に特別に合わせて構築されたZebraのモバイルプリンタなら、検体収集時の検体ラベルを印刷することが可能です。モバイルコンピュータとバーコードスキャナは、ベッドサイドにいながら患者と検体を正確に識別することができるため、正確な試料のラベル付けを確実にし、ミスの可能性を低減します。 

ソフトウェア

複数のデバイス間の通信は混乱を引き起こします。Zebraのソフトウェアは、医療関係者が必要なことをすべて1台のデバイスで行い、同僚に密に連絡を取って状況を把握することを可能にします。

サービス

Zebraのサービスはテクノロジーライフサイクルの各段階で支援を提供し、組織の現在と将来のニーズに適合する通信ソリューションのプランニングをサポートします。

サプライ品

Zebraは、整理整頓と正確な識別に役立つ医療用プリンタ向けのあらゆるバーコードラベルサプライ品を取り揃えています。

ニーズに適した検体収集ソリューションの設計はZebraにお任せください。