構内管理

構内全域の資産の追跡と監視

構内に搬入された瞬間から搬出される瞬間まで貨物を効果的に追跡することは安全で効率と生産性の高い構内の運営にとって不可欠です。自動化された資産監視システムは、貨物と資産を追跡する最も迅速で効率の高い方法です。Zebraのモバイルデバイス、位置特定技術、構内管理システム(YMS)は、作業の見える化を実現することでスペース、リソース、時間を最大化し、しいては処理能力を向上させます。

積荷とトラックの容易な移動

ゲートで入荷積載情報を取集し、自動システムに転送して、素早く荷下ろし場所の割り当てをスケジュールします。 

積荷の内容の可視性を確保

コンテナやトレーラーがゲートに到着すると同時に積荷の内容が分かります。構内管理システムにはコンテナとトレーラーの情報が保存されており、従業員がモバイルデバイスを使って安全かつ効率よく処理できます。

正確な優先順位付け

コンテナ情報と倉庫管理システムの両方をリアルタイムで見える化することで、構内にいながらすぐに必要な積荷の荷下しと仕分け・転送(クロスドッキング)を行うことができます。

少ないデバイスで、より高い生産性を

Workforce Connectは、貴社のすべての音声およびデータ通信を1台の多機能モバイルコンピュータに簡単に統合できます。

これらのコンポーネントで貴社のソリューションを構築

ハードウェア

当社の特定用途向けハンドヘルド、ウェアラブル、車載用モバイルコンピュータ、タブレット、RFID製品、位置特定技術、超高耐久性スキャナは、Zebraとパートナーのソフトウェアと組み合わせることで、貴社の構内管理ニーズにお応えするエンタープライズレベルのサポートを提供します。

ソフトウェア

これらのソフトウェア製品やサービスを、どのように構内管理ソリューションに追加できるかをご覧ください。

サービス

Zebraのサービスは貴社テクノロジーのライフサイクルの各段階で支援を提供し、組織の現在と将来のニーズに適合する構内管理ソリューションのプランニングをサポートします。

貴社の現在および将来のニーズに適した構内管理ソリューションの設計はZebraにお任せください