バーコード投薬管理(BCMA)

バーコード投薬管理(BCMA)を行うために患者をスキャンする医療提供者

正確な投薬管理により患者の安全性を向上

投薬管理には多くの時間がかかり、ミスが発生する危険性があります。Zebraのモバイルコンピュータとバーコードスキャンソリューションを活用することにより、看護師は患者のリストバンドと薬剤をスキャンして照合し、患者、薬剤、投与時間が正しいことを確認できます。

エラーの低減

スタッフが確実に患者と投薬に関する最新データにアクセスできるので、人的ミスの危険性が低下します。

プロセスの合理化

Zebraのモバイルデバイスは、これまで手作業で行っていたプロセスを排除し、電子バーコードによる投薬管理を実現します。これにより追加の事務処理をなくして、時間とコストを削減できます。

アカウンタビリティの向上

医療スタッフは自分のIDバッジのバーコードをスキャンして自動監査証跡を作成し、アカウンタビリティを高めることができます。

Zebraのスキャナを使って患者のリストバンドをスキャンする医療提供者

2D/1Dバーコード混在の解決

1Dスキャナは2Dバーコードをスキャンできないので、現在と将来のデュアルシステムラベリング要件を満たすためには、どの機器、ソフトウェアツール、およびメディアが必要となるかを理解することが大切です。

貴院のバーコード投薬管理ソリューションを構築します

ハードウェア

医療業界の需要に特別に合わせてデザインされ、独自のハードウェアコンポーネントを搭載したバーコード投薬管理ソリューションは、患者のID、投薬量、前回の投薬時間をダブルチェックします。

ソフトウェア

複数のデバイス間の通信は混乱を引き起こします。Zebraのソフトウェアは、医療関係者が必要なことをすべて1台のデバイスで行い、同僚に密に連絡を取って状況を把握することを可能にします。

サービス

Zebraのサービスは貴院のテクノロジーライフサイクルの各段階で支援を提供し、組織の現在と将来のニーズに適合する通信ソリューションのプランニングをサポートします。

貴院のニーズに適したバーコード投薬管理ソリューションの設計はZebraにお任せください