GIS資産マッピング | Zebra

GIS資産マッピング

パイプライントラック

GISを使って公益事業インフラを正確にマッピング

電力、ガス、水道などのエネルギー公益事業には信頼性の高いサービスの提供、資産のモニタリング、修理作業を行うために、工事前にインフラ開発を計画し、既存のインフラを追跡するためのマッピングとGIS(地理情報システム)が必要です。正確なGISツールが手元にあることで現場に派遣された作業員は問題のある正確な箇所を見つけることができ、修理後に問題の正確な内容や場所をマークできます。また、GISは新しいサービスが妨害とならないように地下および頭上の他のインフラを避けることを可能にします。

Zebraのモバイルコンピューティングソリューションは公益事業会社、公共事業部門、政府機関にマッピングとGIS機能を搭載した完全モバイル対応の高堅牢デバイスを提供。これにより、作業員は全インフラの詳細をマッピング、追跡、検索して作業を適切に行え、顧客は質の高い公益事業サービスを受けることができます。

公益事業資産をマッピングして作業員を接続

現場チームが水道・ガスパイプライン、電線路、その他の現場のネットワーク資産の適切な場所を見つけ、モニタリングすることは重要です。Zebraのデバイスは現場のインフラの高度なGISとリアルタイムの空間分析に必要な完全モバイル対応の高堅牢ツールを提供します。Zebraはチームを接続して全てのデータの共有、決定事項の効果的な伝達、業務運営の調整、レスポンスタイムの加速を実現します。

多数の使用事例に活躍するデバイス

連携業務を必要とする複雑なサービスプロバイダである公益事業のために、Zebraのデバイスは多数のネットワーク使用事例を管理します。サービス地域や施設のマッピングなどのGIS機能、フィールドサービス管理、停電や緊急時の対応などの様々な機能を提供するようデバイスを連携できます。

現場で高い信頼性を発揮する高堅牢モバイルデバイス

Zebraのデバイスはどんなに厳しい環境条件でも公益事業のフィールドサービススタッフが頼りにできるよう、高堅牢で完全モバイル対応になっています。危険場所での使用が認証された当社のデバイスは、ホットスワップ可能な長寿命バッテリでスタッフを常時接続し、爆発性環境や高温下、水との接触のある環境下でも安全に作動するよう設計されています。

GIS資産マッピングの詳細

GIS資産マッピングソリューションを構築

ハードウェア

GIS資産マッピング機能を有効活用するZebraのモビリティソリューションをご覧ください。

ソフトウェアとアプリケーション

従業員と現場の資産の導入、管理、監視には、Zebraのソフトウェアソリューションをご活用ください。

サービス

Zebraのサービスはテクノロジーライフサイクルの各段階で支援を提供し、組織の現在と将来のニーズに適合するフィールドサービスソリューションのプランニングをサポートします。