入院および正確な患者識別

モバイルデバイスで患者のリストバンドをスキャンしている医療従事者

すべての始まりは手首から

正確な患者識別でケアの向上を支援

入院から退院まで、患者ケアの全段階において、Zebraの患者識別ソリューションにより、重要な患者情報にアクセスして確認できるようになります。Zebraは、医療環境のために特別に設計された病院用リストバンドプリンタ、ラベルプリンタ、モバイルコンピュータ、バーコードスキャナを統合したソリューションを通じてミスを最小限に抑え、患者の権利を守れるように支援します。

患者の安全性確保を支援

医療ミスの発生を抑制するには、患者情報を即座に確認できるようにしなければなりません。入院時に印刷される患者用リストバンドは、患者ケアの最初から最後まで、あらゆるやり取りにおいて、正確な患者識別を保証します。

患者情報の可視化の向上

ケア従事者がケアの現場で必要な情報にアクセスできると、正しいタイミングで最良の判断を下し、正しい患者、正しい医薬品、正しい検体、正しい投薬量、正しい治療を正確に特定することができます。

患者カルテの統合

医療現場と患者データをリアルタイムでつなぐことによって、医療スタッフは患者の電子カルテにアクセスして情報を追加することが簡単にできます。

Zebraの入院および正確な患者識別ソリューションの詳細

正確な患者識別ソリューションを構築

ハードウェア

Zebraのリストバンドプリンタおよびスキャナにより、医療関係者は入院から診断、治療、退院に至るまでのあらゆる段階で、患者のIDや情報を確認できます。

サプライ品

Zebraは、患者の快適さを第一に考えた柔軟なオプションから、常に重要な患者情報を手元に置ける高耐久性セルフラミネート式レーザープリントのリストバンドまで、あらゆる医療ニーズに対応する印刷可能な病院用リストバンドを取り揃えています。

ソフトウェアとアプリケーション

複数のデバイス間の通信は混乱を引き起こします。Zebraのソフトウェアにより、医療関係者が必要なことをすべて1台のデバイスで行い、他のスタッフと密に連絡を取って状況を把握することが可能になります。

サービス

Zebraのサービスはご利用テクノロジーのライフサイクルの各段階を支援し、組織の現在と将来のニーズに合った通信ソリューションのプランニングをサポートします。