Cloud Connectソフトウェア | Zebra

Cloud Connectソフトウェア

Cloud Connectのアイコン

クラウドに安全かつ直接に接続

Cloud Connectは、Print DNAプリンタ、RFIDリーダー、モバイルコンピュータなどの様々なZebraデバイスとクラウドを連携させ、クラウド管理やデータストリーミングなどを行います。これらのデバイスは、今日または将来の総合的なクラウド戦略に不可欠な要素、そして貴社のIoT(モノのインターネット)ソリューションの重要部分になっています。

Zebra Savanna™データプラットフォームのほか、Google Cloud、Azure、Amazon Web Services、IBM Watsonなどを使用してデバイスを接続することができます。オンプレミスサーバーが不要になることで、エンタープライズレベルの管理されたデバイスエコシステムのコストを大幅に削減します。

企業に必要なエンタープライズ向け機能

Cloud Connectソフトウェアを搭載した産業用プリンタ

Zebraプリンタ

クラウドベースのアプリケーションに安全に統合

Cloud Connectは、Print DNAプリンタをクラウドベースのアプリケーションに安全に統合します。

暗号化/認証されたウェブソケット接続を使用して、印刷やプリンタの管理のために、あるいは強力なデータ収集プラットフォームの一部として、プリンタをクラウドベースのアプリに直接接続することができます。プリンタを低コストのBluetooth®スキャナとペアリングして、クラウドベースのアプリケーションにデータを直接転送することも可能です。プリンタは、総合的なクラウド戦略に不可欠な要素、そして貴社のIoT(モノのインターネット)ソリューションの重要部分になっています。

小売店のバックルームのAN440 FX7500

Zebra RFIDリーダー

クラウド対応タグデータとリーダー管理

重要なRFIDタグ情報をクラウドを介して送信・保存できます。Zebraのクラウド管理によるリーダー上のデータフィルターとデータモードは、タグの可視性を制御します。ファームウェアのアップグレード、リーダー構成の設定、デバイスの動作状態とアクティビティの監視、ルールベースのアラートの受信といったリーダー管理機能を全社レベルで可能にします。クラウドを介して設定できる特定のリーダーの事前定義されたユースケースプロファイルを使用することで、リーダーの構成と導入を簡素化できます。

企業に必要なエンタープライズ向け機能