Safe-T-Vue血液温度インジケータ

温度の変化を示すSafe-T-Vue 10が付いた血液バッグ

不可逆性の温度感知インジケータ

Temptime®が製造するZebra Safe-T-Vue血液温度インジケータは、血液バンク、血液採取センター、輸血サービスのコンプライアンスを改善し、貴重な血液供給を維持できるように設計された製品です。

冷却、輸送、一時保管中の血液バッグにSafe-T-Vue®温度感知インジケータを取り付けておくと、血液製剤、血漿、RBCが6°Cまたは10°C以上に達した際に、一目で判別できます。またSafe-T-Vue製品は不可逆性なので、最終的に低温に戻っていたとしても、より高い温度状態が存在したことが示されます。

FDA 510(k) #BK910005

  • 血液製剤の温度順守を保証

    STVはAABB基準と21 CFR 640が定めた臨界温度で反応し、色の変化によって暴露の発生が特定されると戻ることはないため、医療専門家は温度要件を確実に順守することができます。

  • 輸血を円滑に進められる

    Zebraインジケータを使えば、輸送中の責任がわかりやすくなり、温度閾値を超えなかった血液製剤を目で見て特定できるようになるため、血液製剤を再出荷して廃棄を最小限に抑えることが可能になります。

  • 血液在庫を適切に管理

    温度監視の欠如による血液製剤の廃棄を減らします。SafeTVueを使えば、温度閾値を超えなかった血液製剤を目で見て確実に特定でき、再出荷が可能になります。

Safe-T-Vue 10をつかんでいる人と、背景の血液バッグ

温度監視および温度センシング製品について詳しく知る

温度の変化を示すSafe-T-Vue 6が付いた血液バッグ

Safe-T-Vue 6

温度が6°C以下に維持された

Safe-T-Vue 6温度インジケータは、冷却された状態、あるいは一時保管場所にある間に、血液バッグに直接取り付けます。血液(またはその他の温度管理が必要な製品)の温度が6°C以上になると、色が白から赤に変わります。

温度の変化を示すSafe-T-Vue 10が付いた血液バッグ

Safe-T-Vue 10

温度が10°C以下に維持された

表示温度が10度以上になると色が白から赤に変わるSafe-T-Vue 10温度インジケータは、血液バッグに直接取り付けて、一時保管中や輸送中に品質管理を維持できます。

Val-A-Sureクーラー検証キットに含まれる製品

Val-A-Sureクーラー検証キット

簡単で正確なクーラー検証

血液バンクおよび研究所と共同で開発したVal-A-Sureは、血液輸送クーラー検証プロセスの簡素化、精度向上、標準化、高速化を1つのキットで実現します。Val-A-Sureは、毎回の検証で血液の保管温度を矛盾なく記録するのに役立ちます。

温度監視および温度センシング製品について詳しく知る