食品温度インジケータ

あらゆるパッケージで視覚的な温度保証を提供

傷みやすい製品は、高温に曝されると素早く鮮度が落ち、保存可能期間が短くなります。製品の日付コードは鮮度を示すのに役立ちますが、これは製品が適切な温度内で保存された場合のみ信頼できます。

Temptime®が製造するZebraのFresh-Check食品温度インジケータは、工場から店舗、消費者の家庭まで食品を監視できる時間温度インジケータで、貼り付け用の粘着面を備えています。熱に曝されると色が変わり、腐敗を加速させる可能性のある熱への暴露を示します。

パッケージに貼り付けるのに最適な生鮮食料品管理ツールであり、熱に晒されて鮮度が影響を受けた可能性を一目で判別できるようにしてくれます。

その他の関連資料

温度監視および温度センシング製品について詳しく知る

  • 製品の鮮度を見やすくする

    傷みやすい食品の多くはパッケージ済みであり、消費者は商品の臭いを嗅いだり触れたりして鮮度を確認することができません。鮮度を確認しやすくするために、Zebraの食品温度インジケータは、温度に曝されると徐々に色が変化します。一度色が暗くなると元には戻らず、製品の日付コード期間内に、その製品を使用すべきか、すべきでないかを示します。

  • 消費者の健康をサポート

    生鮮食料品の多くは、長時間熱に曝されると栄養価が失われます。食べる時に新鮮であればあるほど、消費者にとって栄養上のメリットは大きくなるのです。Zebraの食品温度インジケータは、栄養の損失を引き起こす可能性がある熱暴露を監視します。

  • 食品廃棄物を減らす

    パッケージに貼れる効果的な食品鮮度管理ツール、Zebraの食品温度インジケータは、卸売業者、店舗の従業員、および消費者が、食品が新鮮かどうかを一目で判断するのに役立ち、鮮度の確信がないために食品が廃棄されるのを防ぎます。

  • S-400センサー

    使いやすくて梱包内にもおさまる、小型で費用効果の高いセンサー。使い捨てにも、複数回使用もに対応しています。

    製品情報を見る

  • M-300センサー

    コンパクトで再利用可能なM-300は交換可能なリチウム電池を使用し、IP67準拠の防水・防塵性能や、LEDステータスライトを備えています。輸送コンテナ内部したり、施設設備の壁に取り付けたりして使います。

    製品情報を見る

  • W-200センサー

    大規模な製造施設や保管施設専用に設計された、壁掛け式のロングレンジ温湿度監視デバイスです。

    製品情報を見る