医薬品サプライチェーン向けソリューション

工場において医療用の完全防御態勢でタブレットを確認している男性

トレーサビリティでサプライチェーンの可視化、機動力、回復力を改善

製薬会社はサプライチェーンにおいて、厳格な規制、高コストの回収、偽造、および製品保護により増え続ける課題に直面しています。その一方、医薬品サプライチェーンの管理は、ビジネスイノベーション、セキュリティ、コスト削減、顧客満足度の向上に対する要求の増大によって複雑になっています。

Zebraのハードウェア、ソフトウェア、サプライ品、サービスで構成される医薬品追跡/トレースソリューションは、こうした課題を克服し、生産性を強化できるように特別に設計されています。Gartner, Inc.の「屋内位置情報サービスのマジック・クワドラント:世界市場」2021年版*で評価されたZebraは、製薬会社が可視化を強化し、情報を増やし、情報に基づいて優れた意思決定を下せるように支援します。Zebraが提供するエンドツーエンドの医薬品追跡/トレースソリューションをご利用いただくと、非常に優れたデータキャプチャ、予測分析、ソフトウェアプラットフォームによってプロセスを一体化し、オペレーションのスマート化を促進できます。

*Gartner, Inc.、「屋内位置情報サービスのマジック・クアドラント:世界市場」、Tim Zimmerman、Annette Zimmermann、2021年2月18日。

  • サプライチェーンのオペレーションを最適化

    Zebraのモバイルコンピュータ、スキャナ、プリンタ、サプライ品、RFID、Bluetooth®、位置確認、マシンビジョン、固定型スキャナからなるソリューションによって、原料から工場を経て患者に至るサプライチェーン全体にわたって、医薬品のトレーサビリティを最適化できます。Zebra MotionWorks Enterpriseをご利用いただくと、製薬会社は複数のデータソースからほぼリアルタイムで集まる膨大なデータを実用的な情報に変換し、市況に合わせて調整する機動力を養うことができます。

  • より効率的な規制適合性の確保

    Zebraの医薬品追跡/トレースソリューションをご利用いただくと、規制要件を満たし、製品の有効性を保護し、患者の安全確保を支援することが簡単にできるようになります。さらに、ZebraのBluetooth無線温度センサーがコールドチェーン全体にわたって、温度に敏感な製品を監視し、温度逸脱アラートを発生させるために必要なモバイル接続とデータ共有の機能を提供します。

  • 消費者と患者の信頼を獲得

    追跡/トレース技術に関して、Zebraは50年以上にわたり、業界トップの地位を維持しています。Zebraのソリューションは、生産性を高め、製造/輸送コストを引き下げ、医薬品の偽造に対抗し、配送を効率化する機能によって、顧客満足度の向上に貢献します。Zebraの医薬品サプライチェーン向け追跡/トレースソリューションをご利用いただくと、豊かなカスタマーエクスペリエンスを実現できるので、貴社は競争を勝ち抜く最先端のパフォーマンスを獲得できます。

医薬品サプライチェーン向けソリューションを見る

Zebraのマシンビジョンソリューションで毎回、確実に、正しいパッケージに正しい部品が揃っているようにしてください。ラベルチェックなど、手作業の確認や過去のあれこれに関する遅れがちな記録、最終的な詳細が整っているかの確認をすべて1つのソフトウェアプラットフォームで処理できます。パッケージと製品が全面的に可視化されるので、商品が手を離れて顧客のもとへ向かっていても、あらゆる接点で品質を守ることができます。また、柔軟性の高い産業用マシンビジョンにより、工場のニーズに合わせてソリューションを適切な規模に調整し、カスタマイズできるので、必要なものがすべて手元に揃います。

追跡/トレース機能を自動化し、レベルアップできます。Zebraの固定型業務用スキャナはバーコードを読み取るので、人的エラーを回避し、グローバルな取引でますます高まっている品質関連の要求を満たすうえで役立ちます。さらに、発送目録や商品の位置確認に使用可能なデジタル在庫記録を作成したり、商品の位置を確認したりすることもできます。フォークリフト、コンベア、またはオーバーヘッド搭載で手作業の荷積みを迅速化できるこの基本的な機能は、工場のあらゆるエリアにおいて、ワークフローの効率化、品質向上、時間節約に有効です。

組み立て時に必要な可視化を確保し、製品とプロセスが必要な品質と規制基準を満たしているか、確認することができます。組立とコンポーネントのデータを正確に追跡/トレースすると、最終製品が仕様に適合していることを認証できると同時に、消費者の安全とブランドの資産的価値を確保するうえでも役立ちます。

入庫処理が遅れると、犠牲の大きい製造上の隘路が生じるので、回避しなければなりません。工場に原料や部品が届いたら、ただちに処理して正確であるか、品質はどうか、サービスレベル契約を遵守しているかを確認してください。

製造ラインでヒューマンマシンインターフェースを積極的に管理し、効率的なオペレーションを実現してください。広大で騒がしい工場の環境において、制御室にいる現場マネージャーとスタッフ間で有効なコミュニケーションがとれるようにしましょう。

ラインサイド補充プロセスを自動化して、適切な量の材料を手元に確保し、製造ラインの遅延や停止を防ぎましょう。製造ラインのスムーズな流れを維持し、過剰在庫を減らして在庫コストを引き下げましょう。

工場の機械類を可視化することによって、反応型から積極的なプロアクティブメンテナンスに移行できます。メンテナンスのための中断や機械の遅延、故障が発生しない、スムーズな製造工程を実現してください。