VisibilityIQ™ Foresightのサポート | Zebra

VisibilityIQ™ Foresightのサポート


VisibilityIQ™ Foresightは、お使いのZebraのデバイスとバッテリの現在の稼働状態、履歴トレンド、予測分析、実用的な洞察を提供するためにVisibilityIQ™ OneCareを基盤として作られたプログラムです。

ログインのアイコン
ダウンロードのアイコン
Eメールアイコン
サポートケースを開くアイコン

 

特長

  • 全てのレポートで貴社のMDM(モバイルデバイス管理)で定義されているサイトの階層をご利用いただけるため、全体あるいは、国、都道府県、都市、サイト別に選択して絞り込むことができます。
  • サイトレベルの業務運営情報のほか、デバイスレベルのデータも提供しています。
  • ユーザー定義しきい値を超えた場合に生成される、Eメール通知やダッシュボードアラートを設定できます。 
  • 事前定義およびユーザー作成のグループ化タグを使用して、サイト、モデル、ユーザーなどの共通のプロパティを共有する一連のデバイスのレポートをカスタマイズ可能です。

 

利用可能なレポート

デバイス合計数: 顧客のデバイス合計数のインベントリビューを提供。提供中の全契約とMDMプラットフォームから得られた情報です。業務環境中のデバイスの状態と修理ワークフローも表示します。

デバイスの稼働状況:  MDMによって報告される過去24時間の全デバイス情報を提供。デバイスは「使用中」、「未使用」、「連絡不可」のカテゴリーに分類されます。 

新規アクティブデバイス: 新しくアクティブ化されたデバイスと指定時間範囲内に新しくアクティブ化されたデバイスのサイトを報告します。また、最初に使用されたデバイスと同じ時間範囲内で最初に使用されたデバイスのサイトも示します。

連絡不可: デバイスの紛失・盗難の可能性を調べるためにOOC(連絡不可)デバイスと時間経過情報を報告します。OOCデバイス数が高いサイトにはアラートが送られます。 

バッテリ切れ件数: デバイスのバッテリ切れ(バッテリ残量30%未満)について、ダッシュボード上では過去30日間の件数、ユーザー選択の場合は指定日付範囲内の件数を報告します。 デバイスのバッテリ切れ件数が多すぎるサイトがある場合はレポートに表示されます。

RAM(物理メモリ)の使用状況: ユーザー設定ごとのRAM(物理メモリ)の使用状況に関する問題が多いサイトを報告します。 物理メモリに問題があるデバイスが多すぎるサイトがある場合は、色分けされたアラートをレポートタイルに表示します。

データ記憶用メモリの使用状況: ユーザー設定ごとの記憶用メモリに関する問題が多いサイトを報告します。記憶用メモリに問題があるデバイスが多すぎるサイトがある場合は、色分けされたアラートをレポートタイルに表示します。

使用状況の最適化: ユーザー設定ごとのデバイスの使用状況が最も低いサイトと最も高いサイトを報告します。デバイスの使用状況が多すぎるサイトや少なすぎるサイトがある場合は、色分けされたアラートをレポートタイルに表示します。

WLAN信号強度: サイトのWLAN信号強度の詳細とAP(アクセスポイント)のレベルを報告します。ユーザーはサイトまたはサイトのAPを選択することで、接続されたデバイスの信号強度を表示できます。

予測状況: デバイスに発生する可能性のある問題に対して履歴データの分析に基づく洞察のトップカテゴリーを報告します。

アプリケーション分析レポート:デバイスにインストールされたアプリケーションとバージョンを表示します。また、各アプリケーションに使用される合計分数の追跡と比較も行います。従業員の個人のアプリケーションも含め、Zebraのデバイスの使用状況を把握できます。

デバイス中断レポート:デバイスの再起動数とANR(応答なしアプリケーション)数を表示します。再起動数の多いデバイスや、パフォーマンスが悪いために修理または交換が必要な応答のないデバイスを特定するのに役立ちます。

スキャンメトリックレポート:スキャンの合計数とスキャンの成功回数を表示し、Zebra Androidモバイルコンピュータでスキャンしたコードを比較します。スキャンメトリックを追跡してユーザーやデバイス、あるいは質の悪いバーコードによる問題の特定に使用できます。

バッテリ交換レポート:選択した時間枠内の企業、サイト、デバイスレベルのバッテリの交換合計数を表示します。バッテリ不良、デバイスの問題、使用環境に関わる問題などによるバッテリの交換回数を監視するのに使用できます。最適な状態で動作していないバッテリを特定することで使用バッテリから取り除いたり、交換用のバッテリを入手できるため、デバイスのバッテリ切れのリスクの低減に役立ちます。

スマートバッテリの稼働状態レポート:スマートバッテリの在庫、稼働状況、バッテリの残りの有用寿命予測を表示します。バッテリの残りの有用寿命に基づいてバッテリ補充計画を作成できます。バッテリの残量がなくなってデバイスが使用できなくなる前に充電を保持しないバッテリを特定することで、ユーザーのダウンタイムのリスクを低減するのに役立ちます。

これらのレポートに加えて、VisibilityIQ ForesightのユーザーはVisibilityIQ OneCareのレポートにもアクセスできます。

よくある質問とガイド

ハウツービデオ

null

Determining Device Scan Usage

null

Determining Battery Remaining Useful Life

null

Reducing Battery Disruptions

null

Diagnosing Device Disruptions

null

Reducing Lost Device Risk

null

Analyzing Device Application Usage