Vision Controllers

Supersightビジョンコントローラー

モデル

Supersight

難易度の高い産業用イメージングに最適な高密度コンピューティングプラットフォーム
Supersight高密度産業用コンピューティングプラットフォームは、標準4U筐体に最大4つのコンピュータと幅広い画像取得インターフェースを収容できます。このパワフルな産業用コンピュータは、最大4つのシステムホストボード(SHB)に加え、全長が最大10、半長が1、フルハイトの拡張カードを搭載する余裕があり、難易度の高いマシンビジョンアプリケーションに最適です。

Supersightビジョンコントローラーのメリット

高密度コンピューティングプラットフォーム
高密度コンピューティングプラットフォーム

Supersightは4Uの標準筐体に最大4つのコンピュータを収容できます。コンピュータごとに内蔵Intel Coreプロセッサが1つずつあり、単独で、または連動して、取得と処理のニーズに対応する分散コンピューティングを実現します。

拡張可能なエクスパンションキャパシティ
拡張可能なエクスパンションキャパシティ

1から4つのコンピューティングクラスターまでシステム性能を拡張できるので、厳しい画像取得、インターフェース、処理オフロード、加速のニーズに対応できます。4Uの筐体に最大10の全長、全長の半分、フルハイトのPCIeカードを搭載できます。

スイッチファブリックバックプレーン
スイッチファブリックバックプレーン

独自のマルチセグメント型バックプレーンにより、取得と処理を1、2、または4つのコンピューティングクラスターに分割し、最適なエクスパンションキャパシティを確保できます。カードが異なるセグメントにある場合を含め、アドインカードを任意のSHBに割り当てることができます。

その他のソフトウェア機能

Aurora Imaging Library
Aurora Imaging Library

Aurora Imaging Library(従来のMatrox Imaging Library)のマシンビジョンソフトウェア開発キット(SDK)には、画像の読み取り、処理、分析、注釈、表示、アーカイブに対応する非常に優れたツールコレクションがあります。コードレベルのカスタマイズはここから始めます。

Aurora Design Assistant
Aurora Design Assistant

Aurora Design Assistant(従来のMatrox Design Assistant)の統合開発環境(IDE)は、アプリケーション作成用のフローチャート方式のプラットフォームで、開発を高速化し、ビジョンアプリケーションを迅速にオンライン化するためのテンプレートが揃っています。

関連資料

Experience Zebra's Partner Ecosystem Logo on a blue background

Zebraのパートナーエコシステムを体験する

Zebraが誇る、54ヵ国1万以上のパートナーからなるグローバルなコミュニティが現場の従業員にどれほど最強のパフォーマンスをもたらし、貴社の業績を向上させるか、ご覧ください。今すぐ新しいパートナーロケーターにアクセスし、Zebraの認定パートナーにご連絡ください。