Motorola Solutions、Fashion Institute of Technology の学生達に、デザイン能力を披露する機会を提供

全米小売業協会年次コンベンション&エキスポにおけるMotorolaのブースでのコンテストは、学生達に経験、奨学金、自作品披露の機会を提供

このプレスリリースは、2014年10月27日のZebra TechnologiesによるMotorola Solutionsエンタープライズ事業買収前に公開されました。 

全米小売業協会年次コンベンション&エキスポにおけるMotorolaのブースでのコンテストは、学生達に経験、奨学金、自作品披露の機会を提供

イリノイ州シャンバーグ - 2014年1月13日 -Motorola Solutions, Inc.(NYSE銘柄コード: MSI)、その慈善部門であるMotorola Solutions Foundation、およびNRF Foundationが後援するデザインコンテストは、Fashion Institute of Technology(FIT)の学生達に、デザイン能力を披露して自らの作品を紹介し、奨学金を得る機会を提供しました。 同コンテストは、現実世界でのプロセスの内側で作業し、一流のデザイナーやエグゼクティブから重要なデザインスキルを学ぶユニークな機会です。

キーポイント

  • ニューヨーク市にあるFashion Institute of TechnologyのMary Constantini助教授とGlenn Sokoli助教授率いるスタジオデザイン クラスからの37名の学生たちが、2014年1月12日~15日にニューヨーク市のジェイコブ K ジャビッツ コンベンション センターで開催された全米小売業協会年次コンベンション&エキスポにおけるMotorolaのブースのために「ストアウィンドウ」をデザインするという同コンテストに招待されました。
  • チームに分かれた学生たちは、Motorolaのブースのために、オンライン、店舗内、もたはモバイルなど消費者が利用できるいろいろなショッピング方法を反映し、さらに小売業者がさまざまな手段を持つオムニチャネルの消費者のニーズを満たすための、通信テクノロジーソリューションを使ったMotorolaの役割を反映した、実店舗のようなウィンドウディスプレーを開発するという課題に取り組みました。
  • 入賞ウィンドウデザインは以下の4チームに決定しました。
    • 「The Motorola Experience」は、Danielle Pham、Corey Ring、Olga Yarmakによるデザインで、大型のインタラクティブ タッチスクリーンを使って、Motorolaが小売業者とどのように協力すしているのかというストーリーを語った作品です。
    • 「Time-Efficient Bar Code」は、Lauren Dawson、Chihiro Fujiwara、Min Kyoung Kimによるデザインで、ダンボールを利用して大きなバーコードを形成し、店舗スタッフと消費者とのつながりを示した作品です。
    • 「Puzzle」は、Lauren Dumler、Raelynn Hawkins、Mitchell Lai、Marissa Pelleyによるデザインで、パズルのピースを使って、Motorolaのテクノロジーが小売業者のために多くのショッピングオプションを一つのシームレスなデリバリーモデルにどのようにまとめているかを示した作品です。
    • 「The Path to Omni-Bliss」は、Erina Hosono、Elizabeth Kim、Jean Savageによるデザインで、穏やかな客を取り囲む複雑に配されたPVCパイプを使って、適切なテクノロジーソリューションによってよりよりショッピング体験が可能になるということを示した作品です。
  • Motorola Solutions Foundationは、コンテスト参加者に9,000ドルの奨学金を提供し、NRF Foundationとともにコンテストを審査しました。
  • Motorolaのマーケティング専門家は、過去のセメスターを通してFITのクラスに関わり、学生達に企業間マーケティングやコンサルタントとしての仕事について自身の経験をシェアしてきました。 Motorolaの対面エージェンシーMC2は、学生達にデザイン、メッセージング、実行での課題の助けとなる簡単な説明を行いました。
  • これらの学生たちの作品は、NRF年次コンベンション&エキスポでおよそ3万人の小売業界関係者に閲覧されます。

 

寄せられた声
Motorola Solutions Foundationディレクター、Matt Blakely
「The Motorola Solutions Foundationは、次世代のイノベーティブテクノロジーのプロをサポートすることに誇りを感じています。 NRFコンテストではFITの学生たちに、実社会の学習環境を提供し、新テクノロジーと企業間マーケティングの好機を体験してもらうことができました。」

ファッション工科大学ビジュアルプレゼンテーション学部長、Craig Berger
「FITの学生をサポートしてくださったことについて、Motorola Solutions社にお礼を申し上げます。 このコンテストは、学生たちにこれまでにはなかった形で企業と協働し、会社のブランドアイデンティティをディスプレイという形で表現する作業に参加する機会を与えてくれました。 さらに、何千という人たちに彼らのアイデアの表現を見てもらえ、そのデザインを通して私たちが会社や製品を見るという重要な役割であることを、学生たちは実感できます。」

NRF基金エグゼクティブディレクター、Ellen Davis
「NRF基金は将来の小売業界のリーダーをサポートし、業界で成功する機会を提供します。 今回選定され、多数の小売業界エグゼクティブの前で展示されるデザインを作成した学生さんたちにお祝いを申し上げます。」

参考情報
Motorola NRFウェブサイト: Motorola Solutions NRF 2014
ウェブサイト: Motorola Solutionsリテールソリューション
ウェブサイト: Motorola Solutionsリテール プレスキット
Twitter: Motorola Solutionsリテール向け
Facebook: Motorola Solutions

Motorola Solutionsの紹介
Motorola Solutionsは、企業・政府の顧客向けのミッションクリティカルな通信ソリューションとサービスにおけるリーディング企業です。 最先端のイノベーションと通信技術のグローバルリーダーとして、必要な時に顧客が最善を尽くせるよう支援しています。 Motorola Solutionsはニューヨーク証券取引所に上場しており、銘柄コードは「MSI」です。 詳しくは、www.motorolasolutions.comをご覧ください。 最新のニュースをご覧になるには、同ウェブサイトの「Newsroom」(ニュースルーム)にアクセスするか、ニュースフィードにご登録ください。

Motorola Solutions Foundationの紹介
xMotorola Solutions Foundationは、Motorola Solutionsの慈善事業・社会貢献部門です。 世界中に社員を擁するMotorola Solutionsは、事業拠点を置く地域に貢献したいと考えています。 同社はこの目的を、戦略的資金供与、強力なコミュニティパートナー協定、イノベーションの促進を通じて達成しています。 Motorola Solutions Foundationは、公共安全、被災者救援、社員プログラムと教育(特に科学、テクノロジー、エンジニアリング、数学プログラム)に集中的に資金援助しています。 Motorola Solutions社とMotorola Solutions Foundationの資金貢献の詳細は、www.motorolasolutions.com/msifoundationでご確認ください。

NRF基金の紹介
NRF基金は、統計と解説を通じた業界に関する認識の促進、教育・体験・奨学金を通じた人材開発、小売業に従事する人たちのキャリア成長の育成によって、小売業界の未来を形成します。 NRF基金は米国小売業協会の501(c)(3)規定に準ずる非営利組織であり、小売業界のサポーターからの資金援助をその活動資金の一部に当てています。www.nrffoundation.com

ファッション工科大学の紹介
ファッション工科大学はニューヨーク州立大学に属するカレッジであり、70年近くにわたって芸術、デザイン、ビジネス、テクノロジー分野におけるキャリア教育のリーダーとして活動を続けてきました。 芸術分野における実技、実習、講義、確立した基盤を独自の形で組み合わせているFIT校は、廉価で今日の急速に変化する産業界に対応する様々な優れたプログラムを提供しています。 同カレッジは45の専攻科目を持ち、AAS(副学士)、BFA(美術学士)、BS(理学学士)、MA(理学文学修士)、MFA(美術修士)、MPS(専門研究修士)の学位が習得でき、グローバル市場の専門分野で成功とリーダーシップを目指す学生たちを育成しています。

# # #

 

MOTOROLA、MOTO、MOTOROLA SOLUTIONSおよびStylized MのロゴはMotorola Trademark Holdings, LLCの商標または登録商標であり、ライセンス許諾の下で使用されます。 その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。 ©2014 Motorola Solutions, Inc. All rights reserved.