ゼブラ・テクノロジーズの2020年小売業界トレンド予測、 最適な顧客体験および在庫管理の効率化を実現する RFIDの導入が主流に

ゼブラ・テクノロジーズの2020年小売業界トレンド予測、 最適な顧客体験および在庫管理の効率化を実現する RFIDの導入が主流に

企業のエッジからビジネスのパフォーマンス強化を実現するゼブラ・テクノロジーズ・コーポレーション(NASDAQ:ZBRA、以下 ゼブラ)は、2020年の小売業界トレンド予測を発表しました。同予測によると、テクノロジーに慣れ親しんでいる今日の買い物客はオムニチャネルを活用しており、小売業界は急速に高まりつつある消費者の期待に応えるべく、オペレーションの最新化の必要性を認識するとともに、様々なテクノロジーの中でも特に、RFIDに高い関心を寄せています。

トレンド①最適な顧客体験の提供:小売業者にとって最優先課題として、利便性、食品の鮮度、健康、キュレーションされたブランド経験など様々な取り組みを介し、より良い顧客体験を提供することが挙げられます。精算に関しても、セルフレジやモバイル決済の導入による、よりスムーズな買い物体験を目指しています。特に注力されているのが、店舗内および店員におけるテクノロジーの実装であり、テクノロジーで業務が自動化されることにより、店員はより多くの時間を接客に割くことが可能となります。

トレンド②店舗フルフィルメントを支えるテクノロジー:次に注目されるのが、オンラインで購入した商品を実店舗で受け取る“BOPIS(buy online, pick up in store)”や自宅への配達など、選択肢が多様化する状況における、店舗フルフィルメントを支えるテクノロジーの急速な普及が挙げられます。動的なワークフローを想定して設計されたソフトウェアやハードウェアを導入することにより、オペレーション・パフォーマンスが改善するとともに、店員行動の効率化がもたらす新たな示唆に対するニーズが拡大するでしょう。

トレンド③RFIDの導入:最後のカギとなるのがRFIDです。RFIDは特に、顧客のオムニチャネル体験を支えるため在庫状況を正確に把握することや、完成度の高いソリューションが求められるアパレル業界を中心に導入が進んでいます。

2019年に注目されたテクノロジー動向は、2020年も続くと見られます。小売業界は新たなソリューションの試験導入、テクノロジーによる店舗環境の強化、モバイル端末を活用した店員による接客の質向上、新たな精算手段などを通して、より良い顧客体験の提供を目指しています。スムーズな精算に関しては、多くの小売業者が新たなソリューションやセルフレジなど代替手段の導入を試みる傾向が継続し、特にコンビニ業界では顕著な動きになると見られます。

適正なフルフィルメントソリューションを見極めるニーズも続く見通しです。具体的には、マイクロフルフィルメント(小型受注配送システム)、合理化されたピック&パック(複数の保管場所から商品を棚出しし1つに梱包)、デリバリーソリューションの試験導入が挙げられます。

その他、予測される動向は以下の通りです。

POS:レジ待ち行列の解消や支払いのしやすさといった、利便性を求める買い物客のニーズが継続。商品のセルフスキャン、モバイルPOS、セルフレジの導入により、バーコードを活用したスマホ決済などの決済手段が増える見通しです。

インテリジェントオートメーション(IA):小売業界では、IAによって倉庫や実店舗の効率化を支える新たなテクノロジーを求める動きが高まっています。特に注目すべきは、効率的な商品のピックアップや棚卸および在庫管理などの業務を可能にするロボットソリューション、また、店舗の在庫切れや商品タグ紛失といった業務上の問題点を識別するコンピュータビジョンソリューションなどです。一方、在庫効率の最適化においては、機械学習や高度なアナリティクスが存在感を発揮するでしょう。

 

RFID:在庫精度を管理し、可視化する上で欠かせないのがRFIDです。在庫を完全に可視化したいという小売業者の要求を効率的に満たすことから、RFIDへのニーズは今後も拡大すると見られます。またRFIDは、在庫の有効活用を促すとともに、サプライチェーン全般で重要視されつつあるトレーサビリティの取り組みを有効的にサポートします。

すべてのトレンドの実現を可能にする、ゼブラのソリューション

RFIDがトレンドを先導する中、ゼブラが提供するソリューションは小売業者のあらゆるニーズに対応しています。

店頭での作業、特に注文処理にはゼブラのモビリティソリューションが最適、かつ効果的です。これは倉庫においても同様です。テクノロジーで強化された作業員がロボットやコボットに支えられた新たな自動化ソリューションと連携することによって、最高のパフォーマンスを実現するでしょう。

ゼブラはまた、IA分野で業界をリードする企業の買収により、ソリューションの開発において大きく前進しており、ロボティクス、コンピュータービジョン、人工知能、機械学習の各分野においても、パートナーシップの構築に取り組んでいます。

レジ精算においても、ゼブラのモビリティソリューションは、モバイルPOSおよびセルフスキャン機能のニーズを確実に満たすとともに、小売業者が求めるその他の精算ソリューションでも活用が見込まれています。

【本件に関するお問い合せ先】
株式会社井之上パブリックリレーションズPR担当:榎本、関
TEL:03-5269-2301 FAX:03-5269-2305 Email: zebra@inoue-pr.com