新RhoMobile Suite 5.0、開発者向け価格で提供

このプレスリリースは、2014年10月27日のZebra TechnologiesによるMotorola Solutionsエンタープライズ事業買収前に公開されました。 

クラウドベースのクロスプラットフォーム モバイルアプリ開発ツールが、より低価格で企業のニーズに対応

カリフォルニア州サンノゼ – 2014年7月29日 – Motorola Solutions, Inc.(NYSE銘柄コード: MSI)は、OSや機器に依存しないエンタープライズクラスのモバイルアプリを作成する、強力なアプリケーション開発ツールセットRhoMobile Suite 5.0を、開発者単位のサブスクリプション料金でリリースすることを発表しました。 手頃な価格を求めるアプリケーション開発者の方々のニーズにお応えし、新しい料金体系では複数のプランからお選びいただけるほか、RhoMobileのフレームワークを活用して無制限にエンタープライズクラスのモバイルアプリケーションを提供できます。

すでにお持ちのウェブスキルを活用したネイティブのモバイルアプリ開発を支援するRhoMobile Suiteでは、一度アプリを開発するだけで、携帯機器もオペレーティングシステムも種類を問わず実行できるようになります。 このフレームワークには、エンタープライズアプリのビルドやテスト、デバッグ、統合、展開、管理を行うツール一式をまとめました。 そのため、CSS3やHTML5、JavaScript、Rubyなどの使い慣れたウェブ技術を活用して、手間をかけずにアプリを作成できます。 そうしたモバイル開発サービスはクラウド上で提供されており、ホストビルドや同期、アプリケーション管理の機能も持っています。

キーポイント

  • RhoMobile 5.0の合理的な新サービスモデルでは、無料のレベルのほかにも、シルバーとゴールド2種類の有料サブスクリプションレベルをご用意した、レベル別の透明な料金体系を採用しています。
  • 基盤となるアプリフレームワークのRhodesと、RhoStudioの使用は無料です。 また、有料の2レベルにはRhodesとRhoStudioはもちろん、RhoElements(バーコード読み取りや自動データ暗号化などのエンタープライズ拡張機能)、クラウドビルド環境、Visual Studioプラグインが含まれています。
  • この新しいライセンス体系はRhoMobile Suite 5.0のリリースに伴って導入されており、すでにご利用いただけます。 www.rhomobile.comにてライセンスをご購入になると、1か月間のご利用が無料です。 詳細はウェブサイトをご覧ください。

 

寄せられた声
Motorola Solutionsエンタープライズソフトウェア部門シニアディレクター、Mark Kirstein
「企業が痛感しているように、モバイル開発プラットフォームの価格は以前から不満の的になってきました。 そこでRhoMobile Suite 5.0では、当社のクロスプラットフォームツールの評価とコストの把握を、はるかに手軽に行っていただけるようにしています。 中心となるオープンソースフレームワークのRhodesは無料でご利用いただけるうえ、付加価値の高い拡張機能をご利用になる場合も、正確なコストを把握しながら手間をかけずにアップグレードが可能です。」

参考情報
ウェブサイト:
RhoMobile
ウェブサイト: RhoMobile Suiteの価格
ウェブサイト: RhoMobile Launchpad開発者コミュニティ

MOTOROLA、MOTO、MOTOROLA SOLUTIONSおよびStylized MのロゴはMotorola Trademark Holdings, LLCの商標または登録商標であり、ライセンス許諾の下で使用されます。 その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。 ©2014 Motorola Solutions, Inc. All rights reserved.