Motorola Solutionsが次世代パーソナルショッパー デバイスを用いてセルフサービスショッピング体験を再定義

MC18パーソナルショッパーが消費者の時間とお金を節約

このプレスリリースは、2014年10月27日のZebra TechnologiesによるMotorola Solutionsエンタープライズ事業買収前に公開されました。

イリノイ州シャンバーグ – 2014年6月10日 –セルフヘルプ テクノロジーがショッピング体験を向上させるという過半数のショッパーの意見に基づいてMotorola Solutions, Inc.(NYSE銘柄コード: MSI)は今日、業界でもっとも先進的なパーソナルショッピング デバイスを発表しました。このデバイス用いると、ショッパーは商品をスキャンして手早い清算を実現し、時間とお金を節約できます。 MC18パーソナルショッパーは、Motorolaの5世代目のパーソナルショッピング デバイスであり、便利なテクノロジーとパーソナルサービスの間のギャップを埋め、顧客が購入しようとしている商品向けのリアルタイム割引クーポンと、その商品を補完する別商品の提案を発行します。

Motorolaのパーソナルショッピング デバイスは世界中で2千を超える店舗に設置され、一日に100万件近い取引を実行しています。 このソリューションを使用する小売企業は、買い物かごの大きさを最大で30%増大し、顧客が購入する商品へのリアルタイム可視性を可能にしました。 ショッパーは、買い物中に商品をスキャンして手早い清算が可能になるという恩恵をこのテクノロジーから受けます。 MC18はスーパーマーケット、デパート、ハイパーマーケット、メンバー制の卸売店、量販店用に設計されています。


キーポイント

  • MC18はパーソナルショッピング デバイス市場に5つの「初めて」を導入しました。
    • 使用しやすく、ピンチアンドズーム機能で操作できる新製品の4インチ大型オールタッチ高解像度ディスプレイに、ショッピングリストやプロモーション製品を表示します。
    • Motorolaの高度イメージングエンジンによって、紙に印刷されたものやモバイルフォンの画面に表示されたものなど、あらゆる1D/2Dバーコードを即時キャプチャできます。 また、無指向型スキャン機能を使用すれば、バーコードとスキャナの向きを調整する必要がなくなり、買い物客も店員も簡単に操作することができます。
    • MC18はBluetooth® 低エネルギー(BLE)テクノロジーが内蔵されており、ショッパーは店内案内図で製品の場所を見つけたり、店舗内の位置に基づいてスペシャルオファーを受け取ったりできます。
    • 新型のPowerPrecision+バッテリによって9時間連続使用が可能。短時間で充電でき、高度な健全性測定によってデバイス使用率が高くすぐに使用できるパーソナルショッピング デバイスをショッパーに提供します。
    • 高柔軟性を持つ新型省スペース型クレードル設計は、小売企業の店舗フロアとバックルームの両方におけるニーズに基づいて、3つの方法で構成できます。
  • またMC18は、ギフトレジストリー アプリケーションと、オンラインオーダーを処理する店員が製品をピックアップする際に使用できます。
  • 店員はMC18を使用して価格監査、在庫管理、価格確認を行い、生産性と店舗効率の改善をさらに推し進めることができます。
  • 優れた堅牢さを誇るMC18は、陳列スペースとバックルームにおける日常的な長時間連続使用に耐久性を発揮します。

 

寄せられた声

Motorola Solutionsエンタープライズ モバイルコンピューティング部門バイスプレジデント、Joe White
「MC18パーソナルショッパーは弊社の小売業向けソリューションの5代目製品で、65の小売チェーンで実装され、世界中の買い物客のショッピング体験を刷新してきました。 MC18は、清算前に長い列に並ぶことのフラストレーションを軽減でき、スタッフをより効率的にカスタマーサービス業務に配置し、顧客満足度、買い物かごのサイズ、売上の増大に貢献します。

MOTOROLA、MOTOROLA SOLUTIONS、およびStylized MのロゴはMotorola Trademark Holdings, LLCの商標または登録商標であり、ライセンス許諾の下で使用されます。 その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。 ©2014 Motorola Solutions, Inc. All rights reserved.