Motorola Solutions、HC1ヘッドセットコンピュータで2014年エジソン賞を受賞

このプレスリリースは、2014年10月27日のZebra TechnologiesによるMotorola Solutionsエンタープライズ事業買収前に公開されました。 

エンタープライズウェアラブルコンピュータにおいて、HC1の革新性が評価されました。

イリノイ州シャンバーグ – 2014年5月5日 – Motorola Solutions, Inc.(NYSE銘柄コード: MSI)が、HC1ヘッドセットコンピュータでエジソン賞のブロンズ賞を受賞しました。 HC1は高度な音声認識やヘッドジェスチャ、ビデオストリーミングに対応した、Motorolaハンズフリー エンタープライズモバイルコンピュータの新クラス第1弾製品であり、ビジネスクリティカルな書類やアプリケーションのアクセス・操作が可能です。

エジソン賞は、トーマス・エジソンが持っていたような粘り強さと卓越性を称える賞であり、革新や独創、発明を目指す人間の熱意を高めることを目的にしています。 同賞は、2014年4月30日にサンフランシスコで開催されたEdison Awards & Galaにて授与されました。

キーポイント

  • HC1は、複雑な画像データやテキストへのアクセスを必要としていながら、視界を妨げずにラップトップやハンドヘルド機器を使うことが難しい、過酷な環境や辺境の土地で使うことが可能です。
  • フィールドサービスをはじめ、防衛・公共・電気通信・航空宇宙の各市場向けに設計されたHC1は、保守・点検・修理(MRO)やトレーニング・シミュレーションの場面で、検査時間と精度の改善、労働量の削減、安全性の向上を実現します。
  • 15インチスクリーンに相当するマイクロディスプレイ、高度な音声認識、ヘッドジェスチャコントロール、ビデオストリーミングなどの先進的な技術を採用し、ビジネスクリティカルな書類や図面にアクセス・表示するアプリケーションを操作します。

 

寄せられた声

Motorola Solutions新興ビジネス部門シニアディレクタ、Tom Bianculli
「2014年エジソン賞でブロンズ賞の栄誉を受けたMotorola SolutionsのHC1ヘッドセットコンピュータは、ウェアラブルコンピューティングにおけるパラダイムシフトそのものです。 デバイスのユーザーインターフェースは、テキストからグラフィックへ、そして今やナチュラルへと進化を遂げてきました。 ジェスチャや音声認識、そしてデジタル世界と現実世界の融合を活かしたHC1により、エンドユーザーはウェアラブルでハンズフリーのコンピュータから、必要な時に必要な情報を迅速かつ簡単に得ることができるようになります。」

参考情報

ウェブサイト:
HC1ヘッドセットコンピュータ
ウェブサイト: Motorolaウェアラブルコンピュータ
ウェブサイト: エジソン賞
Facebook: Motorola Solutions
Twitter: @MotoSolutions

MOTOROLA、MOTO、MOTOROLA SOLUTIONSおよびStylized MのロゴはMotorola Trademark Holdings, LLCの商標または登録商標であり、ライセンス許諾の下で使用されます。 その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。 ©2014 Motorola Solutions, Inc. All rights reserved.