ComverseとZebra Technologiesが提携して「Internet of Things」収益化のサービスプロバイダをサポート

オープンモバイル アライアンスで2015年モバイル世界会議でAPIおよびZebraのZatar IoTプラットフォームを例示

マサチューセッツ州ウェイクフィールド、 2015年2月25日 – 通信サービスプロバイダ向けに クラウドベースおよびネットワーク内のサービスイネーブルメントおよびマネタイゼーションソフトウェア ソリューションのグローバルリーダーであるComverse(NASDAQ: CNSI)は、組織の人、モノ、業務の状態へのリアルタイム可視性を提供する製品およびサービスの グローバルリーダーであるZebra Technologies Corporation(NASDAQ: ZBRA)と共に、2015年モバイル世界会議で独自のInternet of Things(IoT)の収益化の使用例を提示します。 

複数の業界ソースによると、IoT市場は今後数年間で爆発的な成長が予測されており、2018年までに(自動車から家庭用サーモスタットまで)およそ90億個のデバイスがインターネットに接続されると言われています。  IoT業界の経済的価値が高まるにつれて、サービスプロバイダがIoTソリューションを提供する新しい機会も生まれます。 その機会を捉えてIoT製品やサービスを拡張するために、ComverseとZebra Technologiesはパートナー提携を結びました。

バルセロナで3月2日~5日に開催された2015年モバイル世界会議における使用例のプレゼンテーションでは、ComverseのRCS API Gateway、およびモバイルオペレータが資産の収益化をよりよく行うためのRCS API GatewayによるIoT使用能力に焦点が当てられます。 両社の提携によって、Comverse RCS API GatewayとZebraのZatar IoTプラットフォームは、サービスプロバイダによるモバイルデバイスからのリモートサービスの提供を可能にします。

要点

  • ComverseとZebra Technologiesが、2015年モバイル世界会議の開催期間中、『オープンモバイル アライアンス』ブース(スタンド番号K52)において、独自のInternet of Things(IoT)収益化の使用例を提示
  • このパートナーシップは、リッチコミュニケーションサービス(RCS)を急速に成長しているIoT市場で展開し、IoTが生み出す膨大な利益獲得の潜在的可能性を探る手がかりをサービスプロバイダに提供
  • Comverse RCS API GatewayとZebraのZatar IoTプラットフォームはともに、消費者と企業に提供されているオペレータAPIによって可能になるモバイルデバイスを用いて、職場、現場、工場における企業のインタラクションを改善する方法をサービスプロバイダに紹介


Comverse/Zebra IoT使用例の利点:

  • 消費者も企業も、人間同士の会話と同じ感覚でデバイスにアクセスして通信できます。
  • オペレータはプロセスからサードパーティを排除して、サブスクライバと直接の関係を結びます。またIoTエコシステムで効果的に競争し、新しい利益源を生成します。
  • オペレータはZatar IoTを利用して、標準ベースのIoTアプリケーションを簡単に構築できます。
  • オペレータはRCS API Gatewayを利用して新サービスを提供することで、サブスクライバによるサービス利用率を上げます。IoTプロバイダはComverseのRCS API Gatewayを介して、簡単にオペレータと統合できます。


発言の引用

Comverse社デジタルサービス部門シニア・バイスプレジデント兼マネージングディレクタ、Adolfo Masini

Comverse社デジタルサービス部門シニア・バイスプレジデント兼マネージングディレクタのAdolfo Masiniは、次のように述べています。「Internet of Thingsに関するサブスクライバのニーズへの対応戦略の開発が遅れているサービスプロバイダは、競合他社に遅れをとり、なかなか追いつくことができないというリスクを抱えることになります。 Internet of Thingsソリューション市場はここに実存し、リーダーシップをとり、ビジネスの差別化と収益化を実行する前代未聞の機会をサービスプロバイダに提供しています。 市場のAPI化は現実に起きており、Comverseは数々のイノベーティブなデジタルサービス ソリューションを提供し、お客様がInternet of Thingsビジョンを実現するお手伝いをしています。」

Zebra Technologies新成長プラットフォーム部門シニア・バイスプレジデント、Philip Gerskovich

Zebra Technologies新成長プラットフォーム部門シニア・バイスプレジデントのPhilip Gerskovichは次のように述べています。「2015年モバイル世界会議において、ZebraはComverse社とともに、強力なZatar IoTプラットフォームを提示できることを嬉しく思っています。 Zebraは、モビリティがIoTの主要な成功要因だと考えており、私たちの目標は、重要な情報を簡単に捕捉し、オペレーション実行者によるデータアクセスを可能にするよう最適化されたツールを用いてモバイルスタッフの強化をお客様が実行する際に、サポートを提供することです。」

お役立ちリソース

Webサイト: Comverse Digital Services
Facebook:  Zebra Technologies
Twitter: @ZebraTechnologies

PDFのダウンロード。

Comverseの紹介 

Comverseは、グローバルキャリアや成長段階にある企業が、今日および将来にわたってユーザーによるデジタルエクスペリエンスの獲得・共有を利益性のある形で可能にする、真のキャリアグレードのクラウドベースおよびネットワーク内収益化および売上管理ソフトウェアのソリューションを提供します。  マネージドサービスの経験から導き出され、お客様が競争上の利点を獲得することをサポートする、マネージドBSSおよびPolicy(PCRF)、エンタープライズ&クラウド請求書発行、デジタルサービスなどの柔軟性の高い実証済みソリューションを介して、デジタルライフスタイルをサポートします。  Comverseのお客様ベースは125ヶ国以上にわたり、そこでは20億人余のサブスクライバにサービスを提供する450社を超える通信サービスプロバイダと企業がソリューションを展開しています。 詳細についてはwww.comverse.comをご参照ください。

Zebra Technologiesの紹介
Zebra(NASDAQ: ZBRA)は、私たちのビジネスを日常生活と同様のワイヤレスでスマートな世界へ変えます。 Zebraの追跡および可視性ソリューションは物理情報をデジタル情報に転換し、企業がオペレーションを簡素化し、自社ビジネスについてよりよく理解し、モバイルスタッフを強化するために必要なデータストリームを生成します。  詳細については次のURLをご参照ください。www.zebra.com/possibilities

連絡先:

担当者:Michael Grossi
Comverse, Inc.
電話:+1 781-224-8200 
michael.grossi@comverse.com

担当者:Valerie Berrivin
Zebra Technologies
電話:+33 607-956-184
Valerie.berrivin@zebra.com

このプレスリリースの発言には「将来を見通したステートメント」が含まれている場合があります。 将来を見通したステートメントが達成される保証はありません。予測や評価によって、実際の結果に大きな差が見られる場合があります。 会社に影響を与える可能性がある重要ファクタには、2014年4月16日にSECに提出された書式10-Kによる同社の年次報告書項目1A「将来を見通したステートメント(Forward-Looking Statements)」、「リスクファクタ」、およびその他の項目、さらに上記期日以降に提出された定期報告書、現行報告書、その他の報告書に記述されているリスクが含まれます。 会社は、法律で義務付けられている場合を除き、将来を見通したステートメントを更新または変更することを約束しません。

Zebra Technologies、Zebra、Zebraのロゴは、Zebra Technologies Corporationの商標または登録商標であり、ライセンスを取得して使用しています。 本文中に記載されているサードパーティの商標は各所有者に帰属します。 ©2015 Zebra Technologies Corporation. 無断複写、転載を禁じます。