よりスマートなオペレーションを設計: 調査により、製造業界はInternet of Thingsの使用準備ができていることが判明

製造業界の97%が、この10年間においてIoTがもっとも重要なテクノロジーであると回答

イリノイ州リンカーンシャー – 2015年8月5日 - 資産、人、トランザクションへのリアルタイムの可視性を提供する製品とサービスのグローバルリーダーであるZebra Technologies Corporation (NASDAQ: ZBRA)は今日、調査に参加した製造業者のうちほぼ全数(97%)が、Internet of Things(IoT)が業界においてもっとも影響力を持つ技術イニシアティブのひとつであることに同意しました。 大多数の回答者が、IoTがサプライチェーンの向上、損失とリスクの低減、プロセスとコスト最適化の強化を実現する位置情報と状態に関するオペレーションデータや実行可能データを提供することを期待しています。その目的は、オペレーションと資産利用率の改善、および顧客サービスの向上です。

主要な調査結果

  • 製造業者の83%が、IoTをすでに実装した、または1年以内に実装予定である、と回答しています。
  • Wi-Fi、 リアルタイム位置情報システム (RTLS)、セキュリティセンサ、バーコード、GPS、 モバイルコンピュータが、IoTソリューションを可能にするもっとも重要なテクノロジーとして挙げられました。
  • 回答者の5%未満が 製造 業界は、IoTソリューションの実装に必要な変化を遂げる準備ができていないと答えています。
  • 製造業者の半分がIoTソリューションを採用する際の最大のバリアとしてコストを挙げ、46%が統合の難しさと共にプライバシーやセキュリティの問題を挙げています。
  • 2014年11月、Zebraは600社近い世界的企業のITおよびビジネスの意思決定者を対象とした調査をForrester Consulting社に委託し、IoT対応に関する調査結果を 発表 しました。

 

受賞チームの声

Zebra Technologiesグローバル製造部門シニアディレクター、Jim Hilton
「現代の製造業のオペレーションは、ネットでコネクトされた工場でスマートマシンやセンサを設置しているため、前代未聞の効果性を実現し、機械のダウンタイムは低減し、資産利用率と市場到達時間は向上しています。 弊社の調査では、Industry 4.0の準備は着々と進められているが、製造現場におけるIoT採用増加には、さらなる教育と情報の共有が必要であることが判明しました。 Zebra Technologiesは、プロセス、ツール、スタッフがより深いレベルでよりスマートに相互コネクトできる高度に直観的な製造体験を可能にすることで、このギャップを埋める努力を続けています。」

お役立ちリソース

Zebraの紹介: Zebra Technologies
IoTによる製造業変革のかたち: インフォグラフィック
Zebraのブログ掲示をフォロー:  Zebraが2014年Forrester調査結果を発表
ZebraをFacebookでフォロー:   Zebra Technologies
ZebraをTwitterでフォロー: @ZebraTechnology

 PDFのダウンロード

Zebra Technologiesの紹介
Zebra(NASDAQ: ZBRA)は、私たちが住む世界で行われるビジネスをスマートでコネクトされたものに変えます。 Zebraの追跡および可視性ソリューションは物理情報をデジタル情報に転換し、企業がオペレーションを簡素化し、自社ビジネスについてよりよく理解し、モバイルスタッフを強化するために必要なデータストリームを生成します。  詳細については www.zebra.comをご参照ください。

メディアお問い合せ先:  
Bill Abelson
Zebra Technologies
電話: +1-917-952-2551
bill.abelson@zebra.com

業界アナリストリレーションのお問い合わせ先:  
担当者:Carolyn Buerger
Zebra Technologies
電話: +1 224-316-0066
carolyn.buerger@zebra.com

Zebra Technologies、Zebra、Zebraのロゴは、Zebra Technologies Corporationの商標または登録商標であり、ライセンスを取得して使用しています。 本文中に記載されているサードパーティの商標は各所有者に帰属します。 ©2015 Zebra Technologies Corporation. 無断複写、転載を禁じます。