DataCapture DNA | バーコードスキャンソフトウェア | Zebra

DataCapture DNA

Data Capture DNA

バーコードを超えたDataCapture DNA

DataCapture DNAは、Zebraの完全なスキャン機能を簡素化する遺伝子コードです。Zebraのデータキャプチャデバイスに業界に類を見ない最高レベルの性能と優れた操作性をもたらし、イノベーション主導のパフォーマンスを実現します。統合から導入、そして管理まで、Zebraはすべての複雑性を一掃しました。

Zebraのデータキャプチャデバイスは多くの業務を達成し、将来の課題を今すぐ解決する強力なツールとして活躍します。

  • 比類のない管理機能

    リモート管理ツールを使うことでITチームは企業全体を通して機器の導入や維持を簡単に行え、総所有コストを削減できます。それに可視化ツールを加えれば、データキャプチャデバイスの性能や稼働時間を向上するリアルタイム分析が可能になり、ROI(投資対効果)が増大します。

  • イノベーション主導の性能

    DataCapture DNAは、最大のデバイス性能を一貫して継続的に提供することで従業員の生産性を最大限にします。テクノロジーは単なるバーコードスキャンを超越し、企業が先手を打って将来の問題を今すぐ解決することを可能にしています。

  • より簡単なアプリケーション開発

    Zebraはあらゆる主要OSの開発時間を削減し、開発者がZebraのデータキャプチャデバイスをより迅速かつ簡単に統合することを可能にするソフトウェアツールのスイートを提供します。

管理ツール

業界で最も直感的な構成ウィザード、設定後はお任せのリモート管理、稼働時間を向上させるバッテリ分析によって、いかなる規模のスキャナ導入も劇的に簡素化できます。

初めてのユーザーにも直感的な123Scanには、スキャナのプログラミングができる1つのバーコードを作成するウィザードがあります。また、1つのデバイスのファームウェアの更新や大量のデバイスのステージングはもちろん、バーコードデータと画像の表示と保存が可能です。

SMS(Zebraのスキャナ管理サービス)またはWMI(Windows Management Instrumentation)を使用すると、アセット情報および統計のアクセスや、パラメータの設定、ファームウェアの更新ができます。

バッテリの稼働状態に関連した豊富なデータへの可視性を提供するソフトウェアツールとスマートバッテリによって中断を防止して交換寿命を向上し、データキャプチャデバイスを常時稼働させます。

可視化ツール

不測の中断や費用を回避するための洞察力を得ることができます。リアルタイムの分析によって設定手順を確認し、先を見越したメンテナンス計画を立て、トラブルシューティングに費やす時間を削減できます。

スキャンプロセスを遅れさせているパフォーマンスの傾向やパターンを特定することで、問題が大きくなる前に修正できます。

業績の問題を診断するために、資産情報やデータを企業全体から遠隔収集。先を見越した保守訪問を計画することで稼働時間を最大化できます。

生産性ツール

タスクを効率化し、デバイスパフォーマンスを最大化し、先手を打って将来に発生する可能性がある問題を事前に解決することで時代を先取りする生産性レベルへ到達できます。

PRZMはデコード性能と応答性の向上により、2Dイメージングの水準を引き上げ、ユーザー体験を劇的に高めます。

トリガをひと引きするだけで、複数のバーコードがスキャンできます。このアプリケーションは、1回スキャンするだけでユーザーが必要とするバーコードだけを希望のシーケンスで送信するようにプログラミング可能です。

ZebraのPreferred Symbolは、スキャンされた複数のバーコードの中で1つのバーコードをデコーディングのために選び出すことを可能にするバーコード優先度設定技術です。

Bluetooth®スキャナが最高のネットワーク性能を維持しながら、Wi-Fiネットワーク上で干渉なしに動作することを可能にします。

文書スキャナが必要とするコストとスペースが不要です。バーコードデータを処理する間に画像をキャプチャし、デスキューとブライトニングによって自動的に画像の外観を最適化します。

UDI(ユニークデバイス識別)のメリットを活用して効率と患者の安全性を向上します。1回スキャンするだけでUDI情報を読み取り解析でき、アプリケーションの正しいフィールドに正しい順番でデータを送信します。

スキャントリガーを1回押すだけで、パレットや品目で必要なバーコードを即時にキャプチャし、自動的にフォーマットしてデータをお使いのアプリケーションへ直接送信します。

1回のスキャンで血液バッグ上のデータを即時にキャプチャし、解読し、お使いのアプリケーションへすぐに転送します。

開発ツール

ペアリングを1ステップに減らし、より敏速なタイムラインやより簡単な統合のためのデータ集約型アプリに対して労力をかける必要がありません。

貴社独自のアプリケーション開発が可能になる、当社の完全な資料セット、ソースコード、サンプルアプリケーション、ハウツービデオを有効活用することで開発サイクルを短縮できます。

STCバーコードをスキャンするだけで、一度にBluetoothスキャナを電話やタブレット、PCに接続できます。スタンドアロン型のユーティリティ、もしくは簡単に行えるアプリ統合ソースコードとしてご利用いただけます。

フル機能のソースコード付きアプリケーションにより、タブレットやスマートフォンによるBluetoothスキャナの接続や管理が可能です。