一括読み込み機能で時間を節約

複数のデバイスの修理注文の送信を容易にするために、Zebraは修理注文ポータル内で使用できる簡単で迅速な「一括読み込み」機能を提供します。シンプルなテンプレートを使って各デバイスのシリアル番号や問題のタイプを入力し、検証のためにファイルをアップロードできます。

一括読み込み機能を活用する利点:

  • デバイスを1台1台個別に入力するのに比べて最大50%の時間の節約
  • 修理注文に追加できる製品数の制限がない
  • 手作業による入力とデータ入力ステップの繰り返しの解消  
一括読み込みを使えるユーザーは?

修理注文ポータルの利用登録済みのZebraのすべてのディストリビュータ、パートナーおよびお客様 追加登録や別の登録は不要です。一括読み込み機能は、修理注文ポータルが使用されているすべての地域(現在は北米、EMEA、アジア太平洋地域)で利用可能です。このポータルは、現時点ではモバイルコンピュータおよびスキャン製品にのみ利用できます。

ご登録 修理注文ポータルへの登録がお済みでない場合は、修理返送承認リクエストを送信する各ユーザーごとにシンプルな登録プロセスをご利用ください。「アカウントが必要ですか?」にある簡単な手順に従ってご登録ください。Zebra.comの「修理を依頼する」ページの見出し 修理注文ポータルを使用するには、Zebraのサイトとツールをご利用中のユーザーの場合でも1回だけ登録する必要があります。24時間以内にユーザーIDとパスワードを電子メールでお送りします。

 
動作方法

一括読み込みは簡単です。右側の[Resources]セクションのハウツーガイドとトレーニングビデオのデモに完全に記載されている基本のステップに従うだけです。

  1. [Add Products]画面からテンプレートをダウンロードします。 (注:テンプレートは定期的に更新されますので、定期的にダウンロードすることをお勧めします。)
  2. 必須情報の入力必要なのはシリアル番号と[Problem Type](ドロップダウンオプション)のみです。この情報を貴社の参考資料に含める必要がある場合は、[Customer Reference]および[Problem Description]フィールド/列を使用できます。
  3. .csvファイルの生成 – データを見直して、ファイルを.csv形式で保存します。
  4. .csvファイルのインポート – 検証プロセスが背景で実行され、プロセス完了時に通知が送信されます。
  5. エラーの解決 – 右側の[資料]セクションをご覧ください。
  6. 注文を完成させて提出してください。

資料

「資料およびトレーニング」ページには、ハウツーガイド、トレーニングビデオ、ライブトレーニングのスケジュール、Q&Aセッションなどの役立つ学習オプションがいくつもあります。一括読み込みプロセスをサポートするリソース

  • Performing a Bulk Load video demonstration (English) Duration: 7 minutes

    Download 10 MB
  • Resolving Bulk Load Errors video demonstration (English) Duration: 5 minutes

    Download 7 MB

注: 最もよくある間違いには、シリアル番号が無効、シリアル番号が現行または他でオープンされている修理注文に既に存在している、製品名が無効、シリアル番号が複数の製品モデルに関連している、現在はZebraではなくExtreme Networksによってサポートされている旧Zebra WLAN製品の不適切な送付などがあります。

サポート

サポートが必要な場合は、当社にお任せください。複雑な問題や直接お話をご希望の場合は、Zebraの修理注文ヘルプデスク担当者が対応します!「サポート連絡先」ページの地域と国の電話番号リストから電話番号を選んでください。